このページの本文へ

バーチャルサラウンドを搭載、ワイヤレスモデルもラインアップ

HyperX Cloud Stingerにゲーミングヘッドセット新モデルが登場

2020年04月21日 15時40分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

HyperX Cloud Stinger Core + 7.1

 Kingston Technologyは4月21日、ゲーミング部門のHyperXからヘッドセット2製品「HyperX Cloud Stinger Core + 7.1」「HyperX Cloud Stinger Core Wireless + 7.1」を発売した。

 いずれもNGENUITYソフトウェアによるバーチャルサラウンドを搭載。40mmの指向性ドライバーにより細かな音まで正確に捉える高品質なサウンドが可能にしたという。調整式スチールスライダー、ヘッドセットのイヤーカップでの直感的な音量調整機能、回転させてミュートできるノイズキャンセリングマイクを採用。

HyperX Cloud Stinger Core Wireless + 7.1

 Stinger Core + 7.1は各ヘッドセットの重さはわずか245g未満という軽量設計。Stinger Core Wireless + 7.1では、信頼性の高い2.4Ghzワイヤレス接続を採用し、バッテリー駆動時間17時間を実現している。

 価格は、Stinger Core + 7.1が5980円、Stinger Core Wireless + 7.1が9980円。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン