このページの本文へ

VMware vSANモデルに加え、Azure Stack HCIモデルをラインナップ

NEC、Azure Stack HCI対応のハイパーコンバージドインフラ投入

2020年04月15日 11時00分更新

文● 大谷イビサ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2020年4月15日、NECはMicrosoft Azure HCIに対応したHCI専用モデル「NEC Hyper Converged System for Microsoft Azure Stack HCI」を発表した。提供中のVMware vSANモデルに加え、Azure Stack HCIのラインナップが追加され、オールインワンのHCI環境の提供を実現する。

Azure Stack HCI対応モデルが追加

 NECの「NEC Hyper Converged System」は、サーバーの共有ストレージをSDS(Software Defined Storage)の技術によって共有ストレージ化したハイパーコンバージドインフラ(HCI)専用モデル。事前検証済みのハードウェア・ソフトウェア、構築保守サービス、運用管理ツールなどをワンストップで提供する。

 新製品のNEC Hyper Converged System for Microsoft Azure Stack HCIはWindows ServerベースのHCI専用モデルで、SDS機能を搭載した「Windows Server 2019 Datacenter」でHCIを構成。Windows Server仮想マシンの場合、ライセンスは無制限に利用できるため、従来に比べて大きなコスト削減が実現するという。また、管理ツールとしてHCIのハードウェア情報を確認できる「Windows Admin Center」やNECサーバー専用の拡張機能「NEC ESMPRO Extension for Windows Admin Center」など用意するほか、運用ガイドも用意する。

Windows Admin Center

 モデルとしてコストパフォーマンスに優れた1ノード/1Uのスタンダードモデル、ストレージ容量を重視した1ノード/2Uの大容量モデルに加え、低廉な導入コストの小規模仮想化環境向けの2ノードエントリHCIモデルを製品化した。サーバー2台だけのシンプル構成でありながら、フェイルオーバーやライブマイグレーションなどによる高い可用性を実現しつつ、導入コストを通常のHCIに比べて61%削減しているという。

2ノードエントリHCIモデル

 希望小売価格はスタンダードモデルが760万円、大容量モデルが826万9400円で、出荷開始は2020年4月15日。2ノードエントリHCIモデルは希望小売価格が298万円(税別)で、2020年5月末の出荷開始となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ