このページの本文へ

非常に強力な艦船が登場

『World of Warships: Legends』に「ソ連」の駆逐艦が正式参戦!

2020年04月10日 20時00分更新

文● Zenon/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ウォーゲーミングジャパンは4月10日、PlayStation 4/Xbox One向け『World of Warships: Legends』において、「ソ連」の駆逐艦の正式なリリースと戦艦のアーリーアクセスを開始したと発表。

 また、昨今のリモートワークが進んでいる状況を鑑みて、ビデオ会議などに使える『World of Warships: Legends』のバーチャル背景を配布することが決定した。

 

■アップデート紹介動画

 

以下、リリースより。

「ソ連」の駆逐艦が正式に登場!

 「ソ連」の駆逐艦がいよいよ正式に研究可能となる。研究可能となるのはTier VII 「タシュケント(Tashkent)」までとなる。「ソ連」の駆逐艦の性能は他の国家の駆逐艦の従来の性能と異なり、非常に興味深くステルス性や魚雷の搭載よりも砲艦としての性能を持ち味にしている。

 「ソ連」の巡洋艦のように最大探知距離にて、最も威力を発揮するようにデザインされた平行射撃を備える。最大探知距離の距離を保ちながら戦えることでスピード性に優れた「ソ連」の駆逐艦は、迫りくる敵艦艇からの攻撃をもかわす時間が十分にある。

「ソ連」の戦艦がアーリーアクセスとして登場!

 アーリーアクセスとして登場する「ソ連」の戦艦はハイリスク・ハイリターンな性能を持つ。搭載された砲台は近距離において正確であり、重厚な装甲を誇るので敵艦艇に対して前線にて圧力をかけられ、まさにドイツ戦艦の好敵手となる存在になるだろう。ただし舷側に回られてしまうと、大ダメージをもらってしまう可能性があるので要注意だ。

2つの連続ミッション「弩級戦艦を制御せよ」と
「英雄オレーク」が開催!

 最初の連続ミッション「弩級戦艦を制御せよ」は5月4日まで開催される。褒賞として艦長「ミハイル・ケドロフ(Mikhail Kedrov)」が入手できる。「ミハイル・ケドロフ(Mikhail Kedrov)」は第一次世界大戦にて戦艦「ガングート(Gangut)」の艦長を務めた。『World of Warships: Legends』では、「ソ連」戦艦を制御する手助けとなるだろう。

 「弩級戦艦を制御せよ」が終了すると次の連続ミッション「英雄オレーク」が開催される。本連続ミッションを達成すると巡洋艦「オレーク(Oleg)」が獲得できる。「オレーク(Oleg)」は日露戦争時の日本海海戦を生き残った、「ソ連」の数少ない巡洋艦の一隻である。2つの連続ミッションでは豪華な褒賞が獲得でき、「ソ連」クレートから新規で追加される戦艦を獲得できるチャンスがある。

より短い期間のランク戦が開催!
「フォトモード」等の新機能が実装!

 プレイヤーの皆さんより頂いたご要望を反映し、開催期間が短くなったランク戦スプリントが2シーズン登場する。ランク戦に参加すると更なる褒賞やシーズン限定のパッチ、「ソ連」クレートをいくつか入手できる。

 また今回本ゲームに新しい機能が登場! 新規実装される「フォトモード」では、プレイヤー自身が自分のお気に入りの艦艇を自分の港にて美しい写真を撮影できる。更に、各国の艦長が母国語を話す機能や、小さい画面でもより大きくHUD表示ができる機能も追加で実装される。今後の『World of Warships: Legends』の展開にも是非ご期待ください!

【ゲーム情報】

■タイトル:World of Warships: Legends
■ジャンル:マルチプレイオンライン海戦アクション
■プラットフォーム:PlayStation 4/Xbox One
■配信日(日本)
・PlayStation 4版:2019年4月16日
・Xbox One版:2019年11月25日
■価格
・基本プレイ無料 (一部有料アイテムあり)
・パッケージ版 開戦パック 希望小売価格 4378円(PlayStation 4版のみ)
■CERO:A (全年齢対象)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ