第10世代インテルCoreプロセッサーやGeForce RTX SUPERを搭載

MSI、「eスポーツ主義」がテーマのゲーミングノートPC

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エムエスアイコンピュータージャパンは4月3日、「eスポーツ主義」をテーマとするゲーミングノートPC8シリーズを発売すると発表した。

 ラインナップは、薄型ハイエンドモデル「GS66 Stealth」3モデル、17.3型薄型モデル「GS75 Stealth」2モデル、ウルトラハイエンドモデル「GT76 Titan DT」1モデル、ハイエンドモデル「GE75 Raider」1モデル、ハイスペックモデル「GP75 Leopard」2モデル、薄型・軽量ハイスペックモデル「GF65 Thin」1モデル、薄型エントリーモデル「GF75 Thin」1モデル、エントリーモデル「GF63 Thin」1モデル。

 eスポーツの世界大会で活躍するプロゲーマーや、自らのゲームプレイ動画を世界中へ配信しているストリーマー、eスポーツ大会の出場を目指しているアマチュアゲーマー、eスポーツ大会が行なわれているゲームタイトルを楽しんでいるカジュアルゲーマーなど、eスポーツを起点としたゲーマー達のゲーミング環境を進化させるべく開発したとのこと。

GS66 Stealth

 GS66 Stealthは、リフレッシュレート300Hzに対応するゲーミングディスプレーを搭載する、15.6型ノートPC。1秒間に300回書き換えを行なうことで、より滑らかで一瞬を逃さない映像表示を可能にするという。解像度は1920×1080ドット。

 インターフェースは、USB Type-C(Thunderbolt 3、USB Power Delievry対応)×1、USB Type-C(USB 3.2 Gen2)×1、USB Type-A(USB 3.2 Gen2)×3、HDMI×1などを装備。バッテリー駆動時間は最大9時間で、移動中でもバッテリー残量を気にすることなく利用できるという。本体サイズ/重さは、およそ幅358.3×奥行き248×高さ19.8mm/およそ2.1kg。

 最上位モデルの主なスペックは、CPUがCore i9-10980HK、グラフィックスがGeForce RTX 2080 SUPER Max-Q、メモリーが32GB、ストレージが1TB SSD、OSがWindows 10 Pro 64bit。価格は44万円前後。4月下旬から順次販売開始予定。

GS75 Stealth

 GS75 Stealthは、17.3型のMSI公式オンラインショップ限定モデル。リフレッシュレート300Hzに対応する。解像度は1920×1080ドット。インターフェースはUSB Type-C(Thunderbolt 3、USB Power Delievry対応)×1、USB Type-C(USB 3.2 Gen2、映像出力対応)×1、USB Type-A(USB 3.2 Gen2)×3、HDMI×1などを装備する。サイズ/重さは、およそ幅396.1×奥行き259.4×高さ20.25mm/およそ2.4kg。

 上位モデルのスペックは、CPUがCore i9-10980HK、グラフィックスがGeForce RTX 2080 SUPER Max-Q、メモリーが32GB、ストレージが1TB SSD、OSがWindows 10 Pro 64bit。価格は40万円前後。4月下旬から順次販売開始予定。

GT76 Titan DT

 GT76 Titan DTは、CPUにCore i9-9900K、グラフィックスにGeForce RTX 2080 SUPERを搭載する、17.3型ノートPC。解像度は3840×2160ドット。

 そのほかのスペックは、メモリーが32GB、ストレージが1TB SSD+1TB HDD、OSがWindows 10 Pro 64bit。インターフェースは、USB Type-C(Thunderbolt 3対応)×1、USB Type-C(USB 3.2 Gen2)×1、USB Type-A(USB 3.2 Gen2)×4、ミニDisplayPort×1、HDMI×1などを装備する。サイズ/重さは、およそ幅397×奥行き330×高さ42㎜/およそ4.2kg。価格は60万円前後。4月16日から順次販売開始予定。

GE75 Raider

 GE75 Raiderは、17.3型ノートPCで、CPUにCore i9-10980HK、グラフィックスにGeForce RTX 2070 SUPERを搭載。解像度は1920×1080ドット。リフレッシュレートは240Hzに対応する。

 メモリーは16GB、ストレージは512GB SSD、OSはWindows 10 Pro 64bitといった構成。インターフェースは、USB Type-C(USB 3.2 Gen2)×1、USB Type-A(USB 3.2 Gen2)×1、USB Type-A(USB 3.2 Gen1)×2、ミニDisplayPort×1、HDMI×1などを装備する。サイズは/重さは、およそ幅397×奥行き268.5×高さ27.5mm/およそ2.64kg。価格は35万円前後。4月16日から順次販売開始予定。

GP75 Leopard

 GP75 Leopardは、GE75 Raiderをベースに、eスポーツゲームタイトルにおいて勝つために必要な性能と機能を厳選し、デザインを最適化したという17.3型ノートPC。解像度は1920×1080ドット。

 リフレッシュレート144Hzで、GeForce RTX 2070を搭載するモデル(25万円前後)と、リフレッシュレート120HzでGeForce RTX 2060を搭載するモデル(21万円前後)を用意する。

 CPUは共通でCore i7-10750Hを搭載。インターフェースは、USB Type-C(USB 3.2 Gen2)×1、USB Type-A(USB 3.2 Gen1)×3、ミニDisplayPort×1、HDMI×1などを装備する。サイズ/重さは、およそ幅398.5×奥行き272×高さ28mm/およそ2.6kg。4月16日から順次販売開始予定。

GF65 Thin

 GF65 Thinは、日本国内で人気の高かったとする「GF63 Thin」をベースとして、冷却システムを大幅に改良したという15.6型ノートPC。解像度は1920×1080ドット。リフレッシュレートは120Hzに対応する。

 CPUはCore i7-10750H、グラフィックスはGeForce RTX 2060、メモリーは16GB、ストレージは512GB SSDを搭載する。インターフェースは、USB Type-C(USB 3.2 Gen1)×2、USB Type-A(USB 3.2 Gen1)×2、HDMI×1などを装備する。

 サイズ/重さは、およそ幅359×奥行き254×高さ21.7mm/およそ1.86kg。価格は18万円前後。4月16日から順次販売開始予定。

GF75 Thin

 GF75 Thinは、リフレッシュレート120Hzに対応する17.3型ノートPC。解像度は1920×1080ドット。サイズ/重さは、およそ幅397×奥行き260×高さ23.1mm/2.2kgで、同サイズのゲーミングノートPCでは最軽量クラスをうたう。

 主なスペックは、CPUがCore i7-10750H、グラフィックスがGeForce GTX 1650 Ti、メモリーが16GB、ストレージが512GB SSD、OSがWindows 10 Home 64bit。インターフェースは、USB Type-C(USB 3.2 Gen1)×1、USB Type-A(USB 3.2 Gen1)×3、HDMI×1などを装備する。価格は19万円前後。4月16日から順次販売開始予定。

GF63 Thin

 GF63 Thinは、CPUにCore i7-10750H、グラフィックスにGeForce GTX 1650 Ti Max-Qを搭載する、15.6型ノートPC。解像度は1920×1080ドットで、リフレッシュレートは120Hzに対応する。

 そのほかの主なスペックは、メモリーが16GB、ストレージが512GB SSD、OSがWindows 10 Home 64bitといった構成。インターフェースは、USB Type-C(USB 3.2 Gen1)×1、USB Type-A(USB 3.2 Gen1)×3、HDMI×1などを装備する。価格は14万円前後。

過去記事アーカイブ

2020年
01月
04月
05月
06月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月