Radeo RX 5500Mを搭載し、クリエイティブ作業にも使えるスペック

MSI、Ryzen 7 4800H搭載のゲーミングノートPC「Bravo-15-A4DDR-056JP」

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Bravo-15-A4DDR-056JP」

 エムエスアイコンピュータージャパンは8月6日、7nmプロセステクノロジー採用のAMD製CPUとGPUを搭載したハイスペックゲーミングノートPC「Bravo-15-A4DDR-056JP」を発表。価格は16万円前後となる見込みで、8月20日より順次発売する。

背面

 Bravo-15-A4DDR-056JPは厚みおよそ21.7mm、重量およそ1.96Kgの15.6型ノートPC。従来のハイエンドデスクトップPC向けCPUに匹敵する処理性能を持つ8コア16スレッドの「Ryzen 7 4800H」モバイルプロセッサーと、フルHD解像度で様々な3Dゲームを快適にプレイできるというハイスペックグラフィックス機能Radeon RX 5500Mを搭載。PCゲームだけでなくコンテンツ作成などクリエイティブ用途にも適する。

 さらに、ディスプレーには「AMD FreeSync Premium」に対応したリフレッシュレート144Hzのゲーミング向け液晶パネルを採用。FPSやバトルロイヤルゲームなど、動きの激しいゲームでテアリングの発生を防ぎ、滑らかでスムーズな映像表示が可能とする。

 また、Ryzen 7 4800HやRadeon RX 5500Mグラフィックスの持つ性能を最大限発揮しつつ動作を安定させるため、本製品のためにデザインされた強力冷却システム「Cooler Boost 5」を搭載する。マイク内蔵ウェブカメラやWi-Fi 6対応無線LANを搭載し、テレビ会議システムを活用したテレワーク向けのハイスペックノートPCとしても活躍が期待できるとしている。

 主なスペックは以下の通り。

主な仕様

過去記事アーカイブ

2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月