このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第180回

節約中ならコレ! 4万円弱の「Xperia 8」は最低限の便利を詰め込む1台

2020年03月22日 12時00分更新

文● 井上 晃 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

徹底的に無駄をそぎ落としたXperia
「Xperia 8」の良さを改めてチェック

 “Y!mobile初のXperia”として取り扱われている「Xperia 8」を1週間使ってみました。同機は、Xperia 1/5/8のシリーズではもっとも安価なミッドレンジモデル。過剰な機能を削ぎ落としつつ、整ったデザインと、日常で便利な使い勝手を備えているので、LINEやSNS、ストリーミングでの動画視聴、軽めのゲームアプリなどができれば良いという人にオススメです。Y!mobileでの一括価格は3万9600円(税込)。auやUQ mobileでも取り扱われています。

 Xperia 8はギリギリ3万円台というお手頃価格でありながらも、デザインは洗練されていて、ハイエンドのラインナップと比べてもさほど遜色はありません。他社の似たような価格帯だと、「AQUOS sense3」や「OPPO Reno A」あたりがライバルかと思いますが、筆者の主観ではXperia 8の見た目が一番大人っぽい印象です。21:9の縦長画面も、シリーズの個性が良い意味で出ているポイントです。

端末サイズは、約69×158×8.1mm。重さは約170g。本体サイズは上位の「Xperia 5」とほぼ同じ。背面カメラの数とデザインが異なる

右側面に音量キーと指紋センサーを兼ねた電源キー。下側面にUSB Type-Cコネクターとスピーカー。左側面にSIMカード、SDカードスロット。上側面に3.5mmイヤホンジャックを搭載

 背面は鏡面仕上げになっています。やや指紋やカメラ周りのホコリ付着が目立ちますが、ケースを装着するなら特に気にはならないでしょう。デュアルカメラは横並びで中央に配置されており、ロボットの目のようにも見えるのがちょっと可愛い。ただし、カメラ周りは数mm出っ張っているので、ケースを付けずに置くときにはここが触れることに注意が必要。端末同士を重ねるような持ち方は厳禁です。

縦長ディスプレーが一番の魅力

 同機のディスプレーは、アスペクト比21:9の縦長画面。6型のフルHD+IPS TFT液晶を採用しています。すでに語り尽くされた文脈かとは思いますが、やはり「YouTubeを見ながらLINEをする」ような“ながら操作”に相性ぴったり。横向きでも使用可能です。ただし、マルチウィンドウ表示に非対応なアプリも少なからず存在することは、頭の隅に置いておきましょう。

ディスプレーの見た目としては、ノッチがないことが特徴。ただし、上下端でベゼルの厚みが異なる。縦向きでは整って見える一方で、横向きにすると、バランスが偏っているのはちょっと気になるところ

マルチウィンドウの上画面で検索、下画面でメモといった使い方をするならば、キーボードのウィンドウが表示されることを想定して上3:下1の比率で用意しておくのが良い(左)。キーボードが表示されると画面比率が変わる(右)

 なお、上位機種のXperia 5は、6.1型でHDR対応のフルHD有機ELを採用しているので、コントラスト比や階調の豊かさには差があります。とは言え、Xperia 8を単体で扱っている分には、写真や画像、ゲーム画面も十分綺麗に表示できていると感じました。たとえば「私は映画をどうしてもHDRコンテンツで視聴したいんだ!」とか「こだわりの写真を撮りたいのだ!」みたいなこだわりでもなければ、この差はさほど意識しなくて大丈夫です。

 UIとしては、Xperia Aceと同じく「サイドセンスバー」が表示されていることがポイント。画面端に表示されるバーを操作して、素早い操作が可能です。ここを上にスワイプすると、マルチディスプレーに表示するアプリを選択できます。ちなみに、バーの位置は長押しからのドラッグ&ドロップで変更できるので、持ち方に合わせて微調整するのがオススメ。

IPX5/8、IP6Xの防水防塵性能を備えているだけでなく、濡れたときの操作性も◎

 そのほか、Xperia 8を扱っていて魅力的に感じたのは、濡れた手で触っても誤操作があまり起きなかったこと。風呂上りや、小雨が降り始めた屋外などでも問題なく扱えます。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン