• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

  • CPU性能が低いとGPU性能差も縮まる!?廉価版Ryzenと組み合わせる最適なRadeonを探ってみた

  • スクウェア・エニックス完全新作!ファンタジー×生活シミュレーションRPG『ハーヴェステラ』がSwitchとSteamで発売決定

  • 『SDガンダム バトルアライアンス』のオリジナル機体&キャラクターが判明!参戦する原作機体も続々と!!

  • スクウェア・エニックスの新作S・RPG『The DioField Chronicle』の先行体験生放送が7月2日に配信決定!

  • 『信長の野望・新生』合戦に関する詳細情報が公開。勝利を重ね天下統一を目指せ

  • 『フォートナイト』で『NARUTO-ナルト- 疾風伝』コラボ第2弾が配信決定!「THE NINDO」の詳細もチェック

  • 『オクトパストラベラー 大陸の覇者』新たな旅人として盗賊“サリサ”(CV:ゆかなさん)が登場!

  • 発売日が12月9日に決定!『ドラゴンクエスト トレジャーズ』店舗別予約・早期購入特典などの情報も公開

  • 『カプコン ファイティング コレクション』プレイレポート、超懐かしすぎるアーケード対戦ゲーム10本を収録

  • 『カプコン ファイティング コレクション』本日発売!その場で当たる発売記念プレゼントキャンペーンも実施中

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022July

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

価格は5280円

Razer、快適なフィット感と約61gの軽量ゲーミングマウス「Razer Viper Mini」が3月19日に発売!

2020年03月17日 19時00分更新

文● ASCII

Razer Viper Mini

 Razerは3月12日、手が小さい人でも持ちやすいサイズ感で、約61gと軽量なゲーミングマウス「Razer Viper Mini」を発表。価格は5280円。3月19日から、同社の国内正規流通代理店「MSY」を通じて全国の家電量販店、パソコンショップ、オンラインショップなどで販売する。

 Razer Viper Miniは、軽量かつ左右対称デザインを特徴とする「Viper」シリーズの新モデル。従来モデルより長さは約8㎜、グリップ幅は約4mm狭くしたことで手が小さい人でも持ちやすいデザインを実現している。重量は約61gで、指先の動きだけで素早くエイムしやすい「つまみ持ち」の負担を軽くし、快適にプレイできるという。

 スイッチは光学式の「Razer オプティカルマウススイッチ」を搭載。応答速度は約0.2ミリ秒、耐クリック回数は約5000万回を誇る。また、PTFE100%の素材で作ったソールは耐久性が高いうえに摩擦係数が低く、マウスの滑りがよい状態をキープする。しなやかで断線しづらい「Razer Speedflex ケーブル」を採用しているのも特徴だ。

 加えて、プログラム可能なボタンを6個備え、専用ソフト「Razer Synapse 3」からマクロやDPIなどを設定できる。設定したプロファイルはマウス本体に保存できるため、異なる環境でも同じ設定でゲームを楽しめる。

Razer Chroma RGB アンダーグロー式ライティング

 そのほか、約1680万色の光でデバイスを彩るライティングシステム「Razer Chroma」にも対応。「Razer Synapse 3」でライティングの色やエフェクトを設定することも可能となっている。

Razer Viper Miniの主なスペック
製品名 Razer Viper Mini
サイズ およそ幅53.5(グリップ)×奥行118.3×高さ38.3mm
重量 約61g
ケーブル長 約1.8m
スイッチタイプ オプティカル
スイッチ耐久性 5000万クリック
センサータイプ オプティカルセンサー
解像度 8500DPI
対スピード性能 最大300IPS
加速度 35G
ボタン数 6個
スクロールホイール 搭載
オンボードメモリー 搭載(1個)
ボーリングレート 最大1000Hz(125Hz、500Hz、1,000Hzから選択可)
対応OS Windows 7(64bit)以降
バックライト 搭載(Chroma対応)
接続方式 USB
発売日 2020年3月19日
価格 5280円

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう