このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信 第118回

CPUにカメラ、ネットワーク、すべてが新世代になった1台!

5G対応にLeicaクアッドカメラ、新時代を切り開くファーウェイ「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」レビュー

2020年03月17日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バッテリー&急速充電にジェスチャー操作
スマートフォンとしての基本機能ももちろん強力

 HUAWEI Mate 30 Pro 5Gは、スマホとしての基本機能にも多数のこだわりが見られる。

本体下部にType-C端子を搭載。上下側面がスパッとした平面状のデザインになっているのは「HUAWEI P30 Pro」と同じ

 まず、日常の使い勝手を大きく左右するバッテリーだが、4500mAhと大容量。これにAIによる省電力管理も加わり、超ヘビーユーザーでも約9.2時間という抜群のバッテリー持ちを誇る。また、グラフェン冷却システムによる両面からの冷却で、高い冷却効率も実現。ゲームのような高負荷な状態が続いても安定して動作する。

付属のACアダプターとの組み合わせで、最大40Wという急速充電に対応する

 充電は、最大40Wの急速充電技術「HUAWEI SuperCharge」に対応し、残量ゼロの状態から約30分で約70%まで充電できる。また、ワイヤレスでも最大27Wでのチャージが可能。さらに、HUAWEI Mate 30 Pro 5Gから他のQi対応機器へ給電することも可能だ。

別売りの充電パッドとの組み合わせで、ワイヤレスでも急速充電に対応している

逆にHUAWEI Mate 30 Pro 5Gから、ワイヤレス充電対応の周辺機器にワイヤレス給電することも可能

 セキュリティーについては、画面内の下部に指紋センサーを搭載。また、ノッチ部に搭載されたToFカメラなどの機能で、3D顔認証も利用できる。認証から画面のアンロックまでが一気に進むので、非常に快適だ。

画面内指紋センサー+3D顔認証とダブルで強力な生体認証機能を持っている

 使い勝手の部分では、ユーザーの目の位置から顔の向きを認識し、自動回転を制御してくれる「AI Auto-Rotate」は利便性が高い。端末の向きではなく、ユーザーの顔の向きに画面を合わせてくれるわけで、たとえば寝転んだ状態で画面を見ているケースなどでは、非常に重宝する機能だと言える。

 また、端末の前に手をかざして動かすことで、画面に触れることなく端末を操作できる「エアジェスチャー」も面白い。手をかざして上下させることで画面をスクロールしたり、こぶしを握ることでスクリーンショットを撮ることが可能だ。

手のひらの開閉でスクロール操作をしたり、スクリーンショットの撮影なども可能

アプリはApp Galleryからのダウンロードが中心
主要なアプリやサービスをさまざまな方法で利用可能

 ところで、HUAWEI Mate 30 Pro 5Gでは、米国政府の措置の影響により、Google Playなどのグーグルのモバイルプラットフォームは搭載されていない。このためアプリについては、ファーウェイが独自に提供する「App Gallery」からダウンロードするのが基本となる。このApp Galleryでは人気アプリのLINEもまもなく登場予定だ。また、Facebookは公式サイトからアプリのダウンロードが可能なほか、GmailやGoogleマップ、YouTubeなどのグーグルのサービスも、ウェブブラウザーからウェブ版を利用できる。

さまざまなアプリをダウンロード可能な「App Gallery」。LINEも登場予定(メッセージ機能に特化した「LINE Lite」はすでに入手可)。ユーザー間で情報交換ができる「HUAWEI Community」も開設された

 App Galleryは今後さらに日本でよく利用されているアプリについても増えていくことが期待できるし、すでにAndroidスマホを使っているユーザーならば「Phone Clone」というユーティリティーを使って、アプリ環境を移行することもできる。こうしたアプリ周りの最新情報は、ファーウェイが運営する公式コミュニティーサイト「HUAWEI Community」で随時提供される。また、ユーザー間での情報交換も可能になっている。気になるユーザーはチェックするといいだろう。

 HUAWEI Mate 30 Pro 5Gはファーウェイ・オンラインストアのほか、家電量販店、ECサイトなどで4月中旬に発売予定。市場想定価格は税抜12万8800円となっている。最新フラグシップ機としての文句なしの性能とカメラを手に入れられる本機。常に最高レベルのスマホを求めるユーザーに適した1台だろう。

ファーウェイ「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」の主なスペック
ディスプレー 約6.53型OLED(約18.4:9)
画面解像度 2400×1176ドット
サイズ 約73.1(W)×158.1(D)×9.5(H)mm
重量 約198g
CPU HUAWEI Kirin 990
2.86GHz×2+2.36GHz×2
+1.95GHz×4(オクタコア)
内蔵メモリー 8GB
内蔵ストレージ 256GB
外部ストレージ ○(NMカード)
OS Android 10(EMUI 10.0)
対応バンド 5G NR:N1/3/28(TX:703-733MHz、RX:758-788MHz)
/N38/41(2515-2690MHz)/77/78/79
LTE:1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17
/18/19/20/26/28/32/34/38/39/40/41
W-CDMA:1/2/4/5/6/8/19
4バンドGSM
DSDS ○(5G+4G DSDV)
CA対応
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
カメラ アウト:約4000万画素(広角、F1.8)
+約4000万画素(超広角、F1.8)
+約800万画素(光学3倍、F2.4)
+3D被写界深度カメラ
/イン:約3200万画素
バッテリー容量 4500mAh
(40W急速充電対応)
防水/防塵 ○/○(IPX8/IP6X)
生体認証 ○(指紋、3D顔)
SIM形状 nanoSIM×2
USB端子 Type-C
カラバリ オレンジ
市場想定価格(税抜) 12万8800円


提供:ファーウェイ・ジャパン

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事