このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析 第79回

武漢が使えないと供給不足のおそれもある:

アップル廉価版iPhone、新型肺炎が不安要因に

2020年02月05日 09時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

●世界の問題としてとらえる

 日本は米国とともに、中国からの渡航制限、さらには健康相談窓口の拡充など、対策が進んでいます。その一方で、すでに仕事や学校以外の外出を控えるような動きも始まっているのではないでしょうか。

 もちろんわざわざリスクを取る必要はないと思う一方で、普段の行動を自粛するような動きが先行しているならば、日本も新型肺炎による経済の押し下げの影響を大きく受けることになりそうです。

 あまり中国のみの問題ととらえず、世界の問題として最新の情報に注意しながら、正しく予防していくことを心がけたいところです。

 

筆者紹介――松村太郎

 1980年生まれ。ジャーナリスト・著者。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。またビジネス・ブレークスルー大学で教鞭を執る。モバイル・ソーシャルのテクノロジーとライフスタイルについて取材活動をする傍ら、キャスタリア株式会社で、「ソーシャルラーニング」のプラットフォーム開発を行なっている。

公式ブログ TAROSITE.NET
Twitterアカウント @taromatsumura

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン