このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第442回

2021年にLightning廃止の可能性も:

iPhone 12、顔認証Face IDを改善か

2020年02月04日 08時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが2020年に発売するiPhone 12は改善された顔認証機能「Face ID」が搭載される。バークレイズ証券のアナリストらがその予測を1月16日に発表した。

 アナリストらによると改善内容の詳細はわかっていないものの、産業用レーザーや3Dセンサーを生産している米Lumentum社がサプライヤーとしてiPhone 12の製造に関わっているという。おそらくはそこからの情報だろう。

 また、バークレイズ証券の予測では2021年にLightning端子が廃止される可能性があるとのことだ。

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中