このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第439回

規格統一化されるのは電源アダプター:

EUがiPhoneのLightning廃止迫るのニュース流れるも「電源アダプター」の話だった

2020年02月01日 13時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 欧州議会が1月13日に公開した「スマートフォンに共通の充電器の導入を指示」という文書を受け、多くの海外メディアが「ついにiPhoneのLightningポートが廃止される!」と色めき立った。

 この話は当連載でもロイター通信からの話として2018年に紹介しているため、覚えている人はいるかもしれない。

 iPhoneの充電ポートがLightningからUSB-Cになれば、価格面でも入手面でも便利になることが期待される。

 ただ、米メディアVergeが1月17日に公開した記事によると、共通化されるのは「電源アダプターの充電ポート」であり、スマートフォンに搭載される充電ポートではないとのことだ。

 アップルはすでにUSB-Cを採用した電源アダプタを販売しており、EUの指示はクリアしていることになる。

 USB-C搭載iPhone、早くきてくれー!

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中