このページの本文へ

仕事に差がつく!阿久津良和「Office 365のスゴ技」第88回

Microsoft Flowの操作感でデスクトップRPAを実現

電卓で計算する操作をPower Automateで自動化してみる

2019年12月18日 09時00分更新

文● 阿久津良和 編集 ● 大谷イビサ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本連載は、マイクロソフトのSaaS型デスクトップ&Webアプリケーション「Office 365」について、仕事の生産性を高める便利機能や新機能、チームコラボレーションを促進する使い方などのTipsを紹介する。

 Office 365を使いこなして仕事を早く終わらせたい皆様にお届けする本連載。今回はMicrosoft Power Automate(旧Microsoft Flow)におけるデスクトップの自動化に注目する。

Microsoft Flowと同じUIでRPAを設計できる

 以前も紹介したMicrosoft Power Automateは、Webページの操作に「Selenium IDE」、デスクトップ操作の自動化は[UIフロー](https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=2102613)を使用する。

通知領域に鎮座する「UIフロー」。現段階ではアイコンからの操作は用意していない

本文のリンク先を開くとダウンロードできるセットアッププログラムを事前に実行する

 まずは[公式ドキュメント](https://docs.microsoft.com/ja-jp/power-automate/ui-flows/create-desktop)の内容に従い、電卓を起動して計算するまでの自動化を確認する。手順を追って紹介するのでお手元の環境でも試してほしい。

UIフローのターゲットとして「デスクトップアプリ」を選択して「次へ」ボタンをクリックする

任意のフロー(ロボット)名を入力して「次へ」ボタンをクリックする

「入力の設定」とは、データベースなど外部ソースからUIフローにデータを渡す時に必要な情報を指定するのだが、今回は不要なので「次へ」ボタンをクリックする

レコーダーコントロールがデスクトップ上部に現れたら、「記録」ボタンをクリックして操作を実行する

こちらが記録結果。「電卓」を起動して「4+4」の計算を実行した。ご覧のように詳細情報にはアプリ名や送信したキーコードが記録される。ステップのスクリーンショットを用意している点は分かりやすい

「今すぐテスト」ボタンをクリックし、動作を確認。問題がなければ「保存して終了」ボタンをクリックすればロボットの完成だ

 このようにシンプルな操作はお手の物だ。旧Microsoft Flowと同じUIで作成できるので、これまで複数のフローを作成してきたパワーユーザーであれば、抵抗感なくデスクトップ操作を自動化できるだろう。ただ、このままでは単純過ぎるため、CSVファイルから指定行を抽出してExcelワークシートファイルに転記する自動化を試みたが、結果してはNGだった。自動化したアクションの詳細オプションを確認した限りでは、操作するファイルの指定などは現時点で未サポートのようである。筆者がテストした限りではExcelは自動起動するものの、肝心のファイルを開けずに自動化には至らなかった。

 実際に試してみるとプレビュー版では未サポートのアクションが多い。ダブルクリックやマウスの移動、クリック後のドラッグ、タッチ入力、記録前のアプリ起動に対応しておらず、リモートデスクトップやCitrixに代表される仮想マシンクライアント、同じタイトルを持つアプリなども記録不可能だ。手軽に試せる「UiPath Community Edition」などと比較すると、現時点ではデスクトップ系RPAソリューションをくつがえす存在とは言い切れない。ただ、UIフローはGA(一般提供版)に達しておらず、マイクロソフトは今後も機能拡張に努めるだろうから、機能不足は時間と共に解消するだろう。

作成したロボットを実行するためのトリガー/アクションも当然作成可能だが、いずれも有償プランの契約が必要となる

 いずれにせよMicrosoft Power AutomateでRPA機能を使うには、CDS(Common Data Service)サブスクリプションが必要になるため、筆者のような個人事業主や中堅中小企業が導入するには厳しそうだ。マイクロソフトには敷居を下げてもらい、業務ハックを望む現場の声に応えてほしい。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ