このページの本文へ

Macでブルーレイビデオの編集・変換・保存ができるソフトウェアが付属

9.5mm超薄型ドライブ採用したポータブルブルーレイドライブ、ロジテックより発売

2019年12月12日 17時45分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

LBD-PVC6UCMSV(量販モデル)

 ロジテックINAソリューションズは12月12日、9.5mm超薄型ドライブ採用したポータブルブルーレイドライブを発表した。量販モデルの「LBD-PVC6UCMSV」とウェブ販売モデル「LBDW-PUF6U3CMSV」が用意され、12月12日より順次発売。

 LBDW-PUF6U3CMSVではUSB A端子/USB Type-C端子のどちらでも使えるように2種類のケーブルが標準で付属。LBD-PVC6UCMSVでは標準でUSB Type-Cコネクタを製品側に搭載。バスパワーで動作するためケーブル1本で利用できるほか、バスパワー供給が不足した場合に備えて、背面には外部電源のポートを装備。

LBDW-PUF6U3CMSV(ウェブ販売モデル)

 いずれもMacとWindowsに対応し、Macでブルーレイビデオの編集・変換・保存ができるソフトウェア「Roxio Toast18」が添付。ウェブ販売モデルは12月12日発売でオープンプライス。量販モデルは12月19日発売で2万6587円。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース