このページの本文へ

BD-R最速16倍速書き込み可能でデータバックアップに最適

高速インターフェースSerialATAに対応した内蔵ブルーレイドライブ/DVDドライブ、ロジテックより

2019年05月30日 15時55分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ブルーレイドライブ「LBD-BH16NS58BK」(左)、内蔵DVDドライブ「LDR-GH24NSD5BK」(右)

 ロジテックINAソリューションズは5月30日、SerialATAに対応した内蔵ブルーレイドライブおよび内蔵DVDドライブを発表。販売予約を開始した。6月中旬出荷予定。

 ブルーレイドライブ「LBD-BH16NS58BK」は、BD-Rメディアへの最大16倍速の書込みに対応する。対応ブルーレイメディアはBD-R/BD-R DL(2層)/BD-R XL(3層)/BD-R QL(4層)/BD-RE/BD-RE DL/BD-RE XL。

 DVDドライブ「LDR-GH24NSD5BK」は、DVD-Rメディアへの最大24倍速書込みに対応。また、DVD-RAMの書き込みにも対応している。

 いずれも長期保存を目的としたM-DISCの書込み/読込みに対応するなどデータのバックアップに適している。価格はいずれもオープンプライス。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース