このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ

ASUSTORの2.5GbE LAN対応NASでゲーミング環境をブラッシュアップ

2019年12月13日 11時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ASUSTORのNAS「NIMBUSTOR 4」と、NAS向けSSDを組み合わせて2.5GbEネットワークを導入。プレイ動画の保存から、録画した映像データのトランスコードなどまで、2.5GbEの高速性を活かしたさまざまな用途に使ってみた。

ギガビットオーバーLAN搭載NASに注目

 次世代移動通信の5Gや、最大9.6GbpsのWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)、従来有線LANの10倍速に達する“10GbE”と、気になる次世代通信は数あるが、その高速性を顕著に体感できるのが、2019年に入ってから対応機器が次々と投入されているギガビットオーバーのネットワーク環境だ。

 ギガビットオーバーネットワーク環境の導入効果が顕著に現れ快適と断言できるのが、リード・ライトともに1GbE環境では100MB/s前半で頭打ちになるHDDのNASだ。

 用途にあわせた容量のHDDやSSDを搭載できるNASユニットは、低価格で高性能なプロセッサーなどの登場で、ここ数年で手ごろな価格帯になっており、最近ではギガビットオーバー対応LANポートを標準装備しているスモールビジネス、ホームユース向けのNASユニットも増えている。

 ギガビットオーバー対応LANを標準装備するNASを積極的に投入しているのが、ASUSのグループ企業のひとつで2011年に設立されたASUSTORだ。

 個人、家庭使用やパワーユーザー向けのラインナップが充実しており、2018年には10GbE LANポートを装備しつつ、3万円台前半から購入できるエントリーNASの「AS4002T/AS4004T」を投入し、話題を集めた。

 そんなASUSTORが新たに投入したギガビットオーバーLAN対応NASが、従来の1GbE LANの2.5倍速となる2.5GbE LANポートを2基備えている「NIMBUSTOR」シリーズだ。

ゲーミングをコンセプトにしたNASユニットのASUSTOR「NIMBUSTOR」シリーズ

 これまでなかったゲーミングをコンセプトにしたNASになっており、ブラックベースにレッドを配した筐体デザインのほか、専用NAS OS「ADM」のデスクトップもゲーミングを意識したものなっている。ブラック&レッドベースのASUSゲーミングブランドR.O.G.などとベストマッチするだろう。

 また、シリーズ名の「NIMBUSTOR」も、ゲームのプレイ録画、配信やeスポーツといったゲーミングを意識した、Nimbus(クラウド)とStorage(ストレージ)を組み合わせた造語になっているという。

1GbEの2.5倍速になる2.5GbE対応LANポートを2基備えているのが、最大の特徴だ
専用NAS OS「ADM」のデスクトップ画面も、「NIMBUSTOR」用にカスタマイズ。NASとは思えない、カッコいいテーマになっている
「NIMBUSTOR」シリーズは、YouTubeやtwitchにある大量の動画の保管から、高速な2.5GbEネットワークによるゲームプレイ動画の保存先など、さまざまな用途を想定している
LACPに対応するハブが必要になるが、2ポートを束ねることで最大5GbEの通信速度を実現することもできる

幅広く使える屈強なスペックを搭載する

 「NIMBUSTOR」シリーズは、2.5/3.5インチ2ベイ仕様の「NIMBUSTOR 2」(型番:AS5202T)と、4ベイ仕様になる「NIMBUSTOR 4」(型番:AS5304T)を用意している。

 また、リンクアグリゲーション(LACP)を構築することで最大5GbEの通信速度を発揮できる2基の2.5GbE対応LANポートが最大の特徴だが、それだけじゃない。

 プロセッサーにはコストダウンのために、ARMプロセッサーを採用するNASが多いなか、ハードウェアHEVC 10bit エンコード/デコードに対応するインテル Gemini Lake世代プロセッサー(内蔵GPUにintel UHD Graphics 600を搭載)を採用している。

 さらに、メインメモリーは最大8GB(4GB×2)まで搭載でき、複数アプリの起動などを余裕で行なえる高い拡張性を備えている。

 また、さまざまな映像や写真をまとめて保存するメディアサーバー機能のひとつとして4K@60Hzに対応するHDMI2.0a出力を搭載しており、NASから直接、液晶テレビなどに映像を表示可能になっている。

4K@60Hz出力対応のHDMI2.0aポートを装備。NAS管理アプリの「ASUSTOR Portal」やメディアサーバーソフト「plex media server」を導入することで、NASに保管した動画や写真などをHDMI出力から楽しめるようになる
スペック表
製品名 NIMBUSTOR 2 NIMBUSTOR 4
型番 AS5202T AS5304T
CPU Celeron J4005
(デュアルコア、2.0~2.7GHz)
Celeron J4105
(クアッドコア、1.5~2.5GHz)
CPUアーキテクチャー x64 64bit
メモリー 2GB DDR4-2400 SODIMM×1
(最大8GB 4GB×2)
4GB DDR4-2400 SODIMM×1
(最大8GB 4GB×2)
対応HDD 2.5/3.5インチSATAドライブ×2
ホットスワップ対応
2.5/3.5インチSATAドライブ×4
ホットスワップ対応
最大容量 32TB(16TB×2) 64TB(16TB×4)
RAIDレベル Single、JBOD、RAID 0/1 Single、JBOD、RAID 0/1/5/6/10
外部インターフェース USB3.2 Gen1×3
ネットワーク 2.5GbEネットワーク×2
冷却ファン 70mmファン×1 120mmファン×1
ノイズレベル 18.6dBA(HDDアイドル時) 19.7dBA(HDDアイドル時)
消費電力 17W(操作時)
10.5W(ハイバネーション時)
27W(操作時)
12.6W(ハイバネーション時)
外形寸法 114(W)×230(D)×170(H)mm 174(W)×230(D)×170(H)mm
重量 1.6kg 2.2kg
保証期間 3年間
実売価格
(税込)
4万3000円前後 6万1000円前後

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中