このページの本文へ

ASUSTOR「AS6210T」、「AS6208T」

最大80TB構成も可能な10ベイ仕様のNASケースがASUSTORから

2016年04月20日 22時40分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTORから、最大10ベイ対応のNASケース「AS6210T」など2モデルが登場。オリオスペックで販売が始まった。

最大10ベイ対応のNASケース「AS6210T」。80TB構成も可能だ

 登場したのは最大80TB構成も可能な10ベイモデル「AS6210T」と8ベイモデル「AS6208T」。Braswell世代のクアッドコアCeleron(最大2.4GHz)を搭載するほか、デュアルチャンネル構成の4GBメモリー(2スロット/最大8GBまで対応)を備える。

 3.5/2.5インチのSATA3.0(6Gbps)ストレージは、RAID 0/1/5/6/10/JBODをサポート。最大読み込み224.71MB/sec超、最大書き込み132.56MB/sec超の高速転送が可能な、AES 256bitの暗号化にも標準対応する。

8ベイモデル「AS6208T」もラインナップ。どちらのモデルもBraswell世代のクアッドコアCeleron(最大2.4GHz)を搭載する

 また、背面インターフェースは、USB 2.0×2、USB 3.0×3、eSATAポート×2、ギガビットLAN×4のほか、フルHD対応のHDMIやS/PDIF出力も装備。テレビやアンプに接続してメディアサーバーとして利用できる。サイズは293(W)×230(D)×215.5(H)mm。

 価格は「AS6210T」が14万9800円、「AS6208T」が12万9800円。同店では8GBメモリー増設モデルも納期2~5日で受注している。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中