このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第402回

一部の機能は2021年に遅らせるとも:

iOS 14はバグ少なめに? 検証プロセスを変更

2019年11月29日 09時30分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは来年リリースするとみられているiOS 14の開発とそのテスト方法について全面的な見直しを行っている。米メディアBloombergが11月21日に報じた。

 同紙によると、これまでのテストはバグの存在する不安定な状況で行われていたが、現在は未完成やバグのある機能がデフォルトで無効化されており、テスターがそれぞれの機能をオンにすることで個別に検証できる環境になっているという。

 これによりiOS 14.0はiOS 13.0のときよりもバグが少ない可能性が高く、一部の機能は2021年に遅らせることも検討しているそうだ。

 メジャーアップデート時にバグが存在するのは仕方ないとは思うものの、なるべく少なくなるというのであれば歓迎したい。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中