このページの本文へ

マカフィー、「MVISION EDR」の日本市場での本格展開を開始

2019年11月07日 14時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マカフィーは11月7日、法人向けエンドポイントセキュリティーソリューション「McAfee MVISION Endpoint Detection and Response」(以下、MVISION EDR)の、日本市場での本格展開を開始すると発表した。

 MVISION EDRは、AIを活用したエンドポイントセキュリティーソリューション。エンドポイントデータにおける不審な振る舞いを識別、優先順位付けして、自動的に綿密な調査を実施するため、幅広いセキュリティーエコシステムへの統合や、脅威への早期対策が可能になるとしている。

 可視化されたデータと経験者が有する洞察を推奨ガイドとして提供するため、セキュリティーアナリストの補助とスキル向上にも貢献するという。

 2018年に米国MPOWERで初公開したMVISION EDRは、試験的な運用を経て、今期から日本での本格展開を開始する。MVISION PlusにEDRを含むSKUなどを提供し、積極的な市場展開を図るとのこと。

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる