このページの本文へ

マカフィーとテクマトリックス、EDR事業領域における協業を発表

2019年11月07日 15時10分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マカフィーは11月17日、EDR事業領域におけるテクマトリックスとの協業を発表した。

サービス提供イメージ

 今回の協業により、テクマトリックスが展開する統合セキュリティー監視・運用サービス「TechMatrix Premium Support powered by TRINITY」(以下 TPS)のオプションサービス「インシデント対応支援サービス」に、マカフィーが提供する「McAfee MVISON EDR」(以下、MVSION EDR)をサービス対象として拡充する。

 インシデント対応支援サービスの拡張ハンドリング初動代行において、統合セキュリティー監視を通じて収集した各イベントアラートと、MVISION EDRから挙がってくるイベントアラートを分析。

 その結果、利用者へインシデント通知として発報する場合には、監視センターのセキュリティーアナリストがMVISION EDRを操作して初動調査と一次対応を実施するため、セキュリティー運用の基盤強化が可能だという。

 両社は今後、連携を強化しEDR関連サービスの追加開発や、共同セミナーの開催などを予定しているとのこと。

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる