このページの本文へ

McAfee MVISION EDRの取扱および運用サポートを開始

マカフィーと富士通SSL、共同で企業のクラウドセキュリティーサービスを強化

2019年11月07日 16時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は11月7日、マカフィーのEDR(エンドポイント脅威検知・対応)製品の取扱と運用サポートへの追加を発表・提供開始した。

 取扱を開始したのはマカフィーの「McAfee MVISION Endpoint Detection and Response(McAfee MVISION EDR)」。セキュリティーインシデント発生の検知を行ない、インシデントが発生した際には分析・対応を迅速に支援する機能を持つ。クラウド管理型のためユーザー環境にサーバーを設置することなく手軽に導入できるのが特徴。

 同時に、富士通SSLが従来から提供しているセキュリティー機器運用代行サービス「マネージド・セキュリティサービス(MSS)」の対象としてMcAfee MVISION EDRを追加。同製品のセキュリティーアラートを24時間365日監視し、検知したインシデントのリスクレベルや対応の必要性を分析して危険度が高い事象が発生した場合のユーザーへの通知や、重大インシデント発生時の該当端末のネットワーク遮断などを迅速に行なう。

 販売価格は個別見積もり。

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる