このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第120回

Azure Data FactoryのマッピングデータフローがGAに

新サービス「Azure Spring Cloud」がプライベートプレビューに

2019年10月28日 08時00分更新

文● 佐藤直生 編集● 大塚/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。今回の「週刊アジュール」では、2019年10月6日~2019年10月12日の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

Azure Storage:暗号化のカスタマー指定キー

 ストレージサービス「Azure Storage」保存データの暗号化では、これまで、暗号化キーとして、次の2つをサポートしていました。

  • Microsoftマネージドキー
  • カスタマーマネージドキー(キーは、Azure Key Vaultに格納)

 Azure Key Vaultは、暗号化キーやパスワードなどを格納して管理するサービスです。

 今回、第3のオプションとして、「カスタマー指定キー」(Customer-provided key、CPK)がプレビューになりました。

 カスタマー指定キーは、Azure Blob Storageのみをサポートしており、暗号化キーをオンプレミスや、Azure Key Vault以外のキーストアに格納することができます。

Azure Storage暗号化のカスタマー指定キー

Azure DNS:プライベートゾーン

 Azure DNSは、DNSドメインのホスティングサービスです。

 Azure DNSのプライベートゾーン(プライベートDNS)は、仮想ネットワーク内の名前解決をサポートします。

 2018年3月に、プライベートゾーンのパブリックプレビューが始まっており、6月にはプレビューがアップデートされていました

 今回、Azure DNSのプライベートゾーンが、GA(一般提供)になりました。Azure DNSは100%のSLAを提供しているので、Azure DNSのプライベートゾーンも、100%のSLAの対象になります。

Azure DNSのプライベートゾーン

Azure Resource Manager:Azure Resource Graphでのリソースプロパティの変更追跡

 Azure Resource Manager(ARM)は、Azure上のリソースのデプロイや管理のためのレイヤーです。

 Azure Resource Graphは、Azure Portal、Azure CLI、Azure PowerShellで、Azureリソースをクエリする機能です。

 7月にGAになっていたAzure Resource Graphで、Azureリソースのプロパティの変更を追跡できるようになりました。

Azure Monitor/Azure Sentinel:データの種類別のリテンション期間

 Azure Monitorは、Azureにおけるフルスタックの監視サービスです。

 Azure Monitorの一機能であるAzure Monitor Logs(旧称Azure Log Analytics)は、Azureやオンプレミス環境のリソースのログを収集、分析するサービスです。

 Azure Sentinelは、クラウドネイティブのセキュリティ情報イベント管理(SIEM)プラットフォームです。

 Azure Monitor Logs、Azure Sentinelで、これまでサポートされていたワークスペース全体でのデータリテンション期間の設定に加えて、データの種類別のデータリテンション期間の設定がサポートされました。

Azure Spring Cloud:プライベートプレビュー

 新サービス「Azure Spring Cloud」が発表され、プライベートプレビューが始まりました。年内に、パブリックプレビューが始まる予定です。

 Azure Spring Cloudは、MicrosoftとPivotalが共同で構築、運用する、フルマネージドのSpring Cloudサービスです。Spring Cloudは、包括的な監視と診断、構成管理、サービス検出、CI/CD統合、ブルー/グリーンデプロイなどを使用して、ライフサイクル管理を提供します。

 Azure Spring Cloudでは、Spring Bootベースのマイクロサービスアプリケーションを、コードの変更なしで簡単にAzureにデプロイできます。Azure Spring Cloudを使用すると、Spring Cloudアプリケーションのライフサイクルが管理されるため、開発者はコードに集中できます。

 Azure Spring Cloudの内部では、マネージドKubernetesサービスのAzure Kubernetes Service (AKS)が使われています。

Azure Spring Cloud

Azure API Management:10月のアップデート

 Azure API Managementは、既存のAPIに対するAPIゲートウェイのサービスです。

 9月のアップデートに続いて、Azure API Managementの10月のアップデートがリリースされました。Authentication-managed-identityポリシーでのclientIdフィールドのサポートなどの新機能があります。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事