このページの本文へ

ボディにデュラテクト加工を施したモデルも追加発売予定

チタンボディで機動性と耐久性を実現したミラーレスデジカメ「FUJIFILM X-Pro3」

2019年10月23日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「FUJIFILM X-Pro3」(ブラック)

 富士フイルムは10月23日、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro3」を発表。11月28日に発売する。

 同社デジカメとしては初というボディ外装に軽量・高強度で耐食性にも優れたチタンを採用したほか、ボディ内部にはマグネシウム合金を採用した。チタンの美しい色合い・質感を最大限に引き出した高級感溢れるデザインと、軽量さや高剛性を実現しているという。

 撮像素子は裏面照射型2610万画素「X-Trans CMOS 4」センサーを装備し、高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載。光学ファインダー(OVF)と電子ビューファインダー(EVF)を切り替えられる「アドバンスドハイブリッドビューファインダー」を装備。EVFには高解像およそ369万ドットの明るい有機ELパネルを採用することで視認性を向上、アルゴリズムをさらに進化させることで暗闇に近い低照度(-6EV)環境下でも高速・高精度な位相差AFを実現したという。

 また、同社独自の「フィルムシミュレーション」に、スナップ写真などで愛用されてきたカラーネガフィルムをもとに画質設計を行なった「クラシックネガ」モードを新たに追加し、多彩な色調による高画質な写真撮影が可能という。

「DRブラック」「DRシルバー」 

 ボディカラーがブラックのモデル(11月28日発売)に加え、擦り傷への高い耐性と高品位な外観を実現する「デュラテクト」加工を施した「DRブラック」と「DRシルバー」(12月中旬発売予定)の3色がラインアップされる。価格はオープンプライス。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン