このページの本文へ

ゲームパッドが合体した超コンパクトキーボードの自作キット

2019年10月18日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ゲームパッドとキーボードが一体化した、コンパクトなガジェットを自作できる同人ハードウェア「USBキーボードPlusPAD」が家電のケンちゃんにて販売中。店頭価格は5000円(税抜)だ。

こんなに小さいのに立派なキーボード! しかもゲームパッドも合体している、ユニークなデバイスの工作キットが販売中だ

 幅10cmという超コンパクトサイズに、ゲームパッドとキーボードの機能を詰め込んだアイテム。半田付けによる工作で作り上げる電子工作キットで、比較的シンプルな作業行程でユニークな入力デバイスを作ることができる。

 限られたスペースながら、ファンクションキーや記号キーなどを搭載したテンキーレスキーボードで、上部にはゲームボタンや方向キーを備えたゲームパッドが一体化。USB接続のキーボードとして認識する、多機能なデバイスが完成する。

それほど難解な作業はないものの、作業工程は多く、完成には根気がいりそう
ケースは不要だが、タクトスイッチは追加で購入が必要。完成品はUSB接続のキーボードとして認識、ドライバー不要で使用できる

 チップ部品を使用していないため、半田付けの心得があれば、組み立ては簡単。基板を結合するスペーサーが付属しており、ケースに入れなくとも使用できる。ドライバーも不要なため、OSを問わず利用可能だ。

 なお、キットにはタクトスイッチが含まれていないため、別途購入が必要。自分好みのカラーでボタンをレイアウトするなど、ユーザー次第でアレンジできるようになっている。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン