このページの本文へ

Razer「Razer Raion」

格闘ゲームに特化したゲームパッドがRazerから

2019年11月30日 23時28分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Razerから、格闘ゲームに特化した6フェイスボタンレイアウトを採用するゲームパッド「Razer Raion Fightpad for PlayStation 4」が発売された。

格闘ゲームに特化した6フェイスボタンレイアウトを採用するゲームパッド「Razer Raion Fightpad for PlayStation 4」

 アーケードスティック風の6フェイスボタンを搭載し、通常スタイルに加え“クロウグリップ”スタイルでもコンボ入力がしやすいというゲームパッド。通常よりも大きめサイズのフェイスボタンには、高耐久かつ素早い入力が可能なRAZERメカニカルスイッチ(イエロー)を採用。方向キーは、スムーズで確実な入力感のあるメカタクタイルスイッチの8方向入力パッドを搭載しているので、斜め方向への入力もし易い。

サイズ感はNintendo Switchのコントローラーに近い印象

 そのほか、ヘッドセット端子、マイクミュートボタン、ボリュームコントロールボタン、モードスイッチ(PS4・PC)、タッチパッドなどを実装。大会などで意図せずゲームを中断して失格になることを防ぐ競技モードロックも備える。

RAZERメカニカルスイッチ(イエロー)の押し心地は良好

 サイズは173(W)×103(D)×58(H)mmで、重量は275g。価格は1万1000円。パソコンショップアーク(完売)やTSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中