このページの本文へ

超コンパクトな麻雀ゲーム専用(?)キーボードが登場!

2018年01月25日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 麻雀ゲームに最適化されているという、珍しいコンセプトのコントローラー「USB接続麻雀コントローラ(キット)」が家電のケンちゃんで販売中だ。ハンダを用いた電子工作が必要なキットで、店頭価格は3480円。

幅10cmほどと超コンパクトサイズに、厳選されたキーを搭載。ハンダ工作で組み立てる電子工作キットで、なんと麻雀ゲーム向けのコントローラーを作ることができる

 麻雀ゲームのために作られたという、ユニークな発想のコントローラー。一般的な麻雀ゲームでキーボード操作に割り当てられているキーを凝縮、「ポン」や「チー」など特有のキーも実装されている。麻雀ゲームという限られた分野では、かなり使い勝手のいいコントローラーとして活躍してくれそうだ。

 インターフェースはUSBで、PC上にはキーボードデバイスとして認識され、ドライバーも不要。組み立てについては「チップ部品を使用していないため、組み立ては簡単」(頒布元)とされているが、小さなタクトスイッチが並ぶこともあり、ある程度のハンダの腕前は必要になるかもしれない。

PCに接続すればキーボードデバイスとして認識、いずれも麻雀ゲーム上で操作に割り当てられているキーだ。裏側には、やはり麻雀を意識したマスコット(?)がプリントされている

 対応環境は、WindowsやLinux(Retropie, RecalBox)など。製品には3枚の基板や必要部品のほか、基板を結合するスペーサーも同梱されているため、別途ケースを自作することなく使用できる。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン