このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

「ロードスター30周年ミーティング」参加レポ

2100台のマツダ ロードスターが10年に一度の里帰り!

2019年10月20日 12時00分更新

文● 鈴木ケンイチ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

10年に一度のお楽しみ
「ロードスター30周年ミーティング」に参加した

 マツダ・ロードスター好きのためのイベント「ロードスター30周年ミーティング」が10月13日に広島県のマツダ三次自動車試験場で開催された。このイベントは、1989年に初代モデルが発売されたロードスターの生誕を、開発の聖地となるテストコースで祝おうというもの。これまで1999年に「10周年ミーティング」、2009年に「20周年ミーティング」が実施されており、今回が3度目となる。

 このイベントの驚くべきところは、普通であれば極秘中の極秘であるテストコースを公開して、パレードランをさせることだ。しかも、主催はマツダではなく、ロードスターのオーナー有志。そして、運営スタッフなどに大勢のマツダ社員を動員するなど、マツダが全面的なバックアップ体制をとっている。

 そんなイベントであり、10年に一度であり、しかもテストコースに入れるということもあってか、第1回には約1000台、第2回には約1600台、そして第3回となる今回も約2100台ものロードスターと、約3500人のオーナーが全国から駆け付けた。

 ちなみに今年の開催日は、台風19号が関東エリアで猛威を振るった直後。イベント前日となる12日は関西から東北までを豪雨と猛烈な風雨が襲った。そんな嵐の中、全国から過去最大規模の約2100台が集まったというのも驚かされる。

 ちなみに筆者も20年来のロードスター・オーナーであり、前回の20周年にも参加した経験を持つ。そこで今回は、参加者目線でのイベント・レポートをお届けする。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ