このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ペン機能の向上に6.8型&6.3型の2モデル展開! サムスン「Galaxy Note10+/10」発表!

2019年08月08日 10時55分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サムスン電子の新製品「Galaxy Note10+」。スタイラスペンが付属する

ペンが便利なNoteシリーズ最新モデルは2機種!

 サムスン電子は8月7日(現地時間)、米・ニューヨークで新製品発表会「Samsung Unpacked 2019」を開催し、大型ディスプレーにスライラスペンを内蔵した「Galaxy Note10」シリーズ2機種を発表した。Galaxy Noteシリーズはこれまで一部の例を除き1サイズ展開だったが、今回の新製品は6.8型ディスプレーの「Galaxy Note10+」と6.3型ディスプレーの「Galaxy Note10」の2モデル展開となる。

6.8型のGalaxy Note10+(左)と6.3型のGalaxy Note10(右)

 どちらのモデルもディスプレー上部にフロントカメラを穴あき方式で搭載する「Infinity-O Display」を採用。付属のスタイラスペン「Sペン」は両モデルともサイズは同等だ。なお、Sペンのカラーは本体に合わせて各色ごとに異なるものが付属する。指紋認証センサーはディスプレーに埋め込まれ、Galaxy Noteシリーズで初の超音波方式を採用する。

Galaxy Note10+(左)とGalaxy Note10(右)のSペンを抜いたところ。サイズはどちらも同じ

 背面はGalaxy S10シリーズとは異なり、カメラを左上に縦に並べたデザインとなっている。Galaxy Note10+は1600万画素F2.2(123度)のウルトラワイド、1200万画素F1.5/F2.4(77度)のワイド、1200万画素F2.1(45度)の望遠レンズに、深度測定用のToFカメラ(VGA解像度)を組み合わせたクアッドカメラだが、Galaxy Note10はGalaxy Note10+の4つのカメラからTOFカメラを除いたトリプルカメラとなっている。

Galaxy Note10+(左)とGalaxy Note10(右)の背面。それぞれ4カメラ、3カメラ構成でカメラ配置のデザインはほぼ同等

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン