このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

上野優華の“e☆音”探し〜イヤホン・へッドホン〜第12回

上野優華さんの体験動画付き

1台でエレキとアコギの両方の音が出せる、新しいギターの世界に触れてみた

2019年11月04日 16時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

いい音がするギターを選んでみよう

 歌手・女優の上野優華さんと「いい音」を探していく連載企画。今回はFENDER MUSIC BACKSTAGEにおじゃまして、ギターの演奏を体験してもらいました。

 フェンダーについてはいまさら説明する必要がないほど有名なブランドです。テレキャスター、ストラトキャスターといったエレキギターはもちろん、アコースティックギターやウクレレなど、様々な製品を製造しています。

 また2019年には「American Acoustasonic Telecaster」という新しいカテゴリーの製品も登場しています。シルエットはフェンダーの定番ともいえる「テレキャスター」ですが、ボディーの中央にアコースティックギターのような穴(サウンドホール)が開いた外観が独特です。実はこのギター、アコースティックギターとエレキギターの両方の特徴を兼ね備えた、独創的なギターなのです。

American Acoustasonic Telecaster
上野優華さんが手にしているのがAmerican Performer Telecaster

 本体にはFISHMANとフェンダーが共同開発した3種類のピックアップを装備しています。特徴は多彩な音作りができる点。1台でエレキギターのような音もアコースティックギターのような音も、そして両者を混ぜ合わせることによって多彩で新しい音作りにもこだわれる、今までにない概念を持ったギターになっています。

 感動的なライブや優れた録音を生み出すために、よい音色の楽器は欠かせません。アーティストはそのために、様々な工夫を重ねています。ライブに脚を運ぶと、曲によってギターを持ち替え、様々なエフェクターを駆使して魅力あるサウンドを生み出しているギタリストに出会うことができます。そんな音を作り出す魅力の一端を上野優華さんに体験してもらいました。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

秋の「鉄板ヘッドフォン」購入ガイド

ピックアップ