このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信第104回

ネックバンド型ワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeLace」も旅のお供に最適

人気のSIMフリースマホ「HUAWEI P30 lite」は旅行やお出かけで大活躍!

2019年08月23日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII編集部 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマートフォンやタブレット、PCなど、ファーウェイ製品を毎回詳しくレビューしている「ファーウェイ通信」。今回は、SIMフリースマホ「HUAWEI P30 lite」とともに日帰り旅行に出かけた。トリプルカメラによる写真撮影など、お出かけの楽しさをアップさせる活用術を解説。外出先で一緒に使いたいネックバンド型のBluetoothイヤフォン「HUAWEI FreeLace」も紹介していく。

人気SIMフリースマホ「HUAWEI P30 lite」とともに鎌倉に出掛けた

ついにトリプルカメラを搭載した
SIMフリースマホ人気シリーズの最新モデル

 HUAWEI P30 liteは、比較的手に入れやすい価格帯でありながら、上位クラスに並ぶような性能や機能、デザインが盛り込まれた話題のスマートフォンだ。まずは、そのスペックをあらためて見ていこう。

しずく型ノッチを採用した約6.15型ディスプレーを搭載。大画面と比較的コンパクトな筐体の両方を実現している

 CPUは「HUAWEI Kirin 710」(オクタコア、4×2.2GHz+4×1.7GHz)を搭載。メモリーは4GBで、ストレージは64GBとなっている。高性能なCPUと大容量のメモリーにより、複数のアプリを同時に立ち上げても、動作がモタモタすることはない。ソフトウェアも最新のAndroid 9とEMUI 9.1(発売時はEMUI 9.0、アップデートにより更新)。快適な使用感が実現されている。

 また、厚み約7.4mmというスリムな筐体ながら、バッテリーは約3340mAhと大容量。本体に同梱されたACアダプターでは、独自の急速充電にも対応している。

約7.4mmという上位クラス機並みの薄型筐体も魅力の1つ
付属のACアダプターを用いることで急速充電にも対応する

 ディスプレーは、約6.15型のフルビューTFT液晶を搭載する。解像度も2312×1080ドットと高精細で、写真や動画などを鮮明な色で楽しめる。また、ギリギリまでサイズを抑えたしずく型ノッチを採用したことで、画面一杯に写真や動画などを表示できるのもポイントだ。

ディスプレーは発色も良好

 ネットワーク面では国内主要キャリアに幅広く対応しており、MVNOが提供するいわゆる“格安SIM”とも非常に相性が良い。DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応しており、2枚のSIMを挿して、仕事用とプライベート用など2つの番号を同時に待ち受けすることも可能。通話用とデータ通信用でSIMを使い分けて、料金を節約するといった使い方にも対応している。

DSDV対応はSIMフリースマホならではメリット

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事