このページの本文へ

躍進するAlibaba Cloud ― 第7回

2019年中に中小ゲーム企業200社のサポートを目指す

中国ゲーム企業との協業を支援、アリババクラウドが国内ゲーム企業向けのサポートプログラム開始

2019年07月23日 18時30分更新

文● 羽野三千世/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Alibaba Cloudの日本法人アリババクラウド・ジャパンサービスは2019年7月23日、中小規模のゲーム企業を対象とした日本独自のサポートプログラム「Japan SME Gaming Support」を発表した。2019年中に国内ゲーム業界で200社へのサポート提供を目指すとする。

 「Japan SME Gaming Support」では、ゲーム企業が新しいゲームを開発する際に、ビジネスプラン、コンテンツ開発、流通、中国のゲーム会社との連携による共同開発などをサポートする。さらに、インフラ整備やデータインテリジェンスのサポートが必要な企業に対してはAlibaba Cloudのプラットフォームを提供。中小規模企業のゲーム開発者向けには包括的なゲームツールを提供する。

アリババクラウド・ジャパンサービス カントリーマネージャーのユニーク・ソン氏

 アリババクラウド・ジャパンサービス カントリーマネージャーのユニーク・ソン氏は、「すでに国内ゲーム業界で50社以上がJapan SME Gaming Supportプログラムに参加している。ゲームエンジン開発、音響効果設計、能力開発のようなサービスも近いうちに同プログラムに盛り込んでいく予定だ」とした。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ