このページの本文へ

躍進するAlibaba Cloud ― 第5回

日本企業100社の中国進出サポートが目標

Alibaba Cloud、日本企業の中国進出を支援する「China Gatewayプログラム」を開始

2019年03月20日 08時00分更新

文● 羽野三千世/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Alibaba Cloudは2019年3月19日、2019年中に日本企業100社の中国進出サポートを目指すプログラム「China Gatewayプログラム」を発表した。中国市場へのビジネス展開を検討する日本企業に対して、パートナーと連携しながらAlibaba Cloudの日中リージョン間専用線接続サービス「ExpressConnect」、コンプライアンスコンサルティングといったクロスボーダープロダクトを提案するとともに、小売・製造業向けにオーダーメイドの業界特化クラウドソリューションを提供していくとする。

 同プログラムには、パートナーとして、野村総合研究所、新日鉄軟件(上海)有限公社、伊藤忠テクノソリューションズ、TISインテックグループ、iTriggerが参画する。プログラムの施策の第1弾として、パートナー企業から、Alibaba Cloudのデータ分析サービスなどを用いた予測分析を実装した小売業界向けスマート店舗ソリューション、産業機器の異常検知を行う製造業向けソリューションを提供する。

 また、中国の経済紙、市場動向、現地のコンプライアンスルールなど、中国を理解するための情報をまとめた「China Gatewayホワイトペーパー」のダウンロード提供を同日から開始した(ダウンロードサイト)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ