このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情第519回

本格的にコンピュータービジネスに参入したHP 業界に多大な影響を与えた現存メーカー

2019年07月15日 12時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/) 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7週間ほど空いてしまったが、業界に多大な影響を与えた現存メーカー HP編の第3回をお届けしよう。拡大期に入ったHPであるが、1964年にCEOとCOO職を設けることにした。会長兼初代CEOにはDave Packard氏が就き、Bill Hewlett氏はCOO職に就く。

 ただ5年後の1969年にはそのPackard氏がニクソン大統領の要請により国防副長官に就任することになり、Hewlett氏がCEO兼COOを務めることになる。ちなみにPackard氏は1972年にHPに戻ってくるが、復帰後は取締役会会長に再任されるが、CEO職は引き続きHewlett氏が務めることになった。

初のコンピューターを発表する前に
セシウム原子時計の製造に成功

 さて、そのPackard氏がCEOを務めていた期間、HPは次々と新しい製品を投入していく。前回説明したように1966年には初のコンピューターを発表するが、少し前に戻る1964年にはセシウム原子時計の製造に成功する。

セシウム原子時計。型番はHP5060A。19インチラックに搭載できるサイズまで小型化したことで、航空機にすら搭載可能になった

 セシウム原子時計そのものは1967年から1秒の定義に使われるほど精度が高いもので、誤差は10-15秒(1億年で1秒ずれる)程度のものである。ただこうした本当に精度の高い原子時計は、装置の規模そのものも大掛かりで、世界で数台に限られていた。

 これが一次標準と呼ばれる、いわば秒の原器にあたるものだが、通常の商用などにはもう少し精度が低くても十分ということで、実際HP5060Aも精度は10-11秒程度であるが、それでも従来のものに比べると格段に精度が向上した。

 “the Flying Clock”というニックネームは、実際にこれが航空機(旅客機クラスの機体に簡単に搭載できた)で利用されたことに起因する。ちなみにこのHP5060Aそのものは1964年から提供されているが、製品として出荷開始したのは1967年からである。

 HP5060Aと同じ1964年には、初のスペクトルアナライザーであるHP851A/HP8551Aも発売されている。

これは改良されたHP 851B/HP 8551Bの写真。上の表示部がHP 851B、下の周波数変換部がHP 8551Bとなる

 今でこそ普通に広く、しかも廉価に利用されているスペクトルアナライザーであるが、なにせ1964年なので最近のように周波数変換をFFTを利用したデジタル処理ができないため、これを全部アナログ処理で実施していたわけで、当時としては画期的な製品であった。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン