このページの本文へ

インダストリー向けパートナー新施策「MPN for industry パートナープログラム」開始

日本MS、製造・流通・金融・医療に特化したAzureリファレンスアーキテクチャをパートナーに提供

2019年07月02日 08時30分更新

文● 羽野三千世/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本マイクロソフトは2019年6月25日、インダストリー向けの新しいパートナープログラム「MPN for industry パートナープログラム」を発表した。日本マイクロソフトからパートナー企業に対して、製造、流通、金融、ヘルスケアの各業種に特化したAzureリファレンスアーキテクチャを提供し、リファレンスアーキテクチャをベースにしたサービス開発と技術者育成、販促・マーケティング活動を支援する。

MPN for industry パートナープログラム

 業種に特化したAzureリファレンスアーキテクチャとして、日本マイクロソフトは流通業向けの次世代店舗モデル「Smart Store」を2019年1月29日からGitHub上で無償公開している(関連記事)。今回発表したMPN for industry パートナープログラムでは、Smart Storeに加えて、製造業向けの「Factory of the Future」「Intelligent Supply Chain」「Product as a Service」、流通業向けの「Smart Online」「Intelligent Logistics」、金融業向けの「Financial Cloud Fundamentals」「Intelligent Banking」「Intelligent Insurance」を2019年第3四半期に、ヘルスケア向けの「Future Hospital」「R&D Innovation」をそれぞれ2019年第4四半期、2020年第1四半期に提供する予定だ。

提供するリファレンスアーキテクチャ

 同プログラムで提供するリファレンスアーキテクチャは、システム構成に必要な機能要件をまとめた「業務ファンクションマップ」、機能要件のアーキテクチャへの落とし込みとデータ構造、実装・運用方法をまとめた「アーキテクチャマップ」、アーキテクチャとデータ構造を実際にAzureやDynamicsなどのマイクロソフト製品スタックで実装する「サンプル実装」の3つで構成される。

リファレンスアーキテクチャの構成要素

 すでに、製造、流通、金融、ヘルスケアの分野で計92社がMPN for industry パートナープログラムへの参加を表明している。

MPN for industry パートナープログラムへの参加表明企業

 日本マイクロソフト 執行役員 常務 パートナー事業本部長の高橋美波氏は、リファレンスアーキテクチャを活用するメリットについて、「パートナーはサービス構築期間を短縮でき、お客様(パートナーサービスのエンドユーザー)は差別化できる新規事業開発にフォーカスしてイノベーションのライフサイクルを短縮できる」と説明した。

日本マイクロソフト 執行役員 常務 パートナー事業本部長の高橋美波氏

 流通分野のパートナーを代表して、大日本印刷(DNP) 執行役員 情報イノベーション事業本部の沼野芳樹氏がリファレンスアーキテクチャの活用事例を紹介した。

大日本印刷 執行役員 情報イノベーション事業本部の沼野芳樹氏

 DNPは、流通業向けに「チラシのデジタル化」「店頭業務の自動化」「キャッスレス化」にフォーカスしたソリューションを提供している。ソリューションの開発にあたって、同社は流通事業者と顧客との関係性を6つに分類(来店促進、入店・退店、店内回遊、商品選択、決済、再利用促進)し、それぞれについて課題と解決策を定義した。「分類した課題ごとにサービスを開発すると、時間がかかる上にデータを別のソリューションに応用できない。そこで、リファレンスアーキテクチャを組み合わせ可能なコンポーネントとして活用しAPI連携すれば、短期間、低コストで開発が可能になる」(沼野氏)。

大日本印刷でのリファレンスアーキテクチャ活用のイメージ

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ