このページの本文へ

iPhoneのスゴワザ!第47回

iPhoneのカスタムバイブのみでアラームを使う方法

2019年06月17日 12時00分更新

文● 金子 麟太郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 職場やカフェなどで次の予定がある際に使いがちなアラームですが、「周囲の迷惑になるから」という理由で控えてしまうこともありますよね。

 実は、iPhoneで音を鳴らさずにバイブレーションのみでアラームを設定する方法があるので紹介します。

 まずは「時計」アプリを開き、「アラーム」をタップします。

 アラームが何もセットされていなければ、右上の「+」をタップします。すでにアラームがセットされている場合は左上の「編集」をタップして編集したいアラームを選択します。アラームの編集画面で「サウンド」をタップします。

 サウンドの編集画面で「バイブレーション」をタップし、「新規バイブレーションを作成」をタップします。

 「新規バイブレーションを作成」をタップすると、自身がわかりやすいフレーズのバイブレーションを作成できます。

 画面の指示に従い、バイブレーションを作成し終えたら、右上の「保存」をタップします。ファイル名を入力して「保存」をタップします。

 サウンドの項目に戻り、サウンドを「なし」に変更します。これでバイブレーションのみのアラームを作動できます。

筆者紹介:金子 麟太郎


 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。



■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中