このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ベースモデルとの大きな違いは「フィールドコンポジットバンド」

カシオ 耐久性・装着性抜群の限定スマートウォッチ「PRO TREK Smart WSD-F30SC」レビュー

2019年05月31日 08時00分更新

文● 中山 智 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
世界で1000個の限定販売となる「WSD-F30SC」

ベースモデルとの大きな違いは「フィールドコンポジットバンド」

 カシオ計算機のWear OS by Googleを採用したアウトドア向けスマートウォッチ「PRO TREK Smart」に、特別仕様モデル「WSD-F30SC」が登場。6月14日より限定1000個の販売で、価格は10万8000円となっている。

 一番の特徴はバンドの変更。レギュラーモデル「WSD-F30」は、ソフトウレタンバンドを採用しているが、WSD-F30SCでは以前の特別仕様モデルにも採用された「フィールドコンポジットバンド」を採用している。

メタル素材をインサートしたウレタンとファインレジンによる「フィールドコンポジットバンド」を採用(断面画像は、フィールドコンポジットバンドを採用した他モデル)

 フィールドコンポジットバンドは、2種のコマを使ったバンドで、複雑な構造をしている。画像を一見すると金属のようにも見えるが、連結コマの外装にねじれなどに強い強化プラスチックのファインレジン、Hコマはメタル素材をインサートした、ウレタン樹脂を採用している。

 そのため、バンドのコマ詰めをまったくしていない状態で、約111gと軽量で手に持ってみると、見た目以上に軽く感じる。着用時にはユーザーの手首のサイズに合わせて、複数のコマを詰めるため、実用時にはもっと軽くなるはずだ。

連結コマはファインレジン、Hコマはメタル素材をインサートしたウレタンとそれぞれ素材が違う

 フィールドコンポジットバンドの内部構造は、ウレタンのHコマに心棒のようにメタルパーツが埋め込まれており、コマ同士の連結に使われるピンのウケにもなっている。そのため、強度も申し分なしく、耐環境性能はMIL-STD-810Gに準拠したタフネスさ。

 バンド全体を金属製にすると、ステンレス素材の場合は重量がかさみ、チタン合金の場合は商品価格が高額になってしまう。

ベルトの背面からは、連結のピン(バネ棒)とHコマに埋め込まれているメタル素材が見える

 フィールドコンポジットバンドは、ウレタンやプラスチックの軽量さと、メタルの強度を併せもち、価格もそこまで高額にはならないと、バランスがいいバンドだ。装着してみると肌触りも良く、さらりとした印象。しっかりと手に巻き付けてもイヤな感じはしない。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
ピックアップ