このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ケイン・コスギさんも絶賛

ロジクールG最高性能ゲーミングマウスが同性能のままワイヤレスに!

2019年05月16日 21時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ロジクール G502 LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミングマウス(G502WL)」

 ロジクールは5月16日、ゲーミングブランド「ロジクールG」のeスポーツ向け無線マウス「ロジクール G502 LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミングマウス(G502WL)」(以下、G502WL」を発表した。予想実売価格は1万8380円(税別)で、5月30日に発売予定。

G502の性能そのままにワイヤレス化を実現

G502WLの特長

 G502WLは、同社の有線マウスの中で最高性能の「ロジクール G502 HERO ゲーミングマウス」の高感度、高反応速度、高速追従性能を保ったまま、ワイヤレス化を実現。また、同社の無線マウスの最高性能となる「PRO LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミング マウス」と比べると、ボタン数が8ボタンから11ボタンに増加しているほか、重量も増加している。

G502のよさをそのまま踏襲している
G502をワイヤレス化してほしいという声は多数あったという
プロゲーマーからも期待の声が

 同社によると、G502WLを開発するにあたってロジクール G502 HERO ゲーミングマウスの性能をそのままに無線モジュールを入れるために、中のパーツを1個改良してちょっとコンパクトにするという作業を繰り返した結果、ほとんどのパーツをコンパクトに改良する結果になったという。ほぼすべてのパーツを見直したことで、外側を薄くしつつ堅牢性も実現しているとのことだ。

ほぼすべてのパーツを見直してコンパクトに

   また、G502WLを無線化する際にユーザーの反応を調査した結果、遅延や電波干渉への懸念が多かったため、同社ではテストを繰り返し、遅延も干渉もほとんどないといえる最低限までなくしたセンサーを採用しているという。

ユーザーの懸念は遅延と電波干渉
どちらも最低限に抑えてある。左上がG502WL。円が乱れていないほど電波干渉がないという図で、3つのうち一番右がLANパーティーのように様々なワイヤレス機器がある場所での計測結果となる

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン