このページの本文へ

有線版とワイヤレス版、メカニカルスイッチは3種類から選択可能

ロジクール、薄型のハイエンドゲーミングキーボード「G913」「G813」

2019年08月16日 15時45分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ロジクールは8月16日、ゲーミングブランド「ロジクールG」からハイエンド・薄型ゲーミングキーボード「G913」「G813」を発表した。8月29日に発売する。

 ワイヤレス接続の「ロジクールG913ワイヤレスRGBメカニカル ゲーミング キーボード」と、有線接続の「ロジクールG813 RGBメカニカル ゲーミング キーボード」が用意され、それぞれ打鍵感の異なる3種類(タクタイル/リニア/クリッキー)のメカニカルスイッチから選択できる。

打鍵感の異なる3種のメカニカルスイッチから選択 

 サイズはいずれもおよそ幅47.5×奥行き15×厚み2.2cm。堅牢なアルミニウム合金を採用したトップケースは激しいゲームにも安定した重量設計。スイッチの反応する深さ(アクチュエーションポイント)を短くすることで高速なキー入力が可能という。

 ショートカットを登録できる5つの「Gキー」やメディアコントロールボタンとスクロールホイール、RGBライティング機能を搭載。G913はワイヤレス接続に同社独自のLIGHTSPEED(レシーバー付属)とBluetooth 5.0に対応し、内蔵充電池で30時間の連続使用が可能。参考価格はG913が3万2670円、G813が2万5110円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン