このページの本文へ

水中タッチ機能やスタンド装備、キーや小銭入れポケットなど、防水スマホポーチも進化

夏のビーチや風呂場などで使いやすい防水スマホポーチ・防水バッグ、エレコムより

2019年04月16日 14時05分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムは4月16日、水辺でのレジャーや風呂などで活用しやすい防水・防塵仕様のスマホポーチと防水・防塵バッグを発表。4月下旬に発売する。

 スマホポーチは3タイプが用意され、透明なポーチを通してタッチパネルを操作できる。いずれも持ち運びに便利なネックストラップ付き。

「P-WPSTシリーズ」

 「P-WPSTシリーズ」は、JIS保護等級IP68に対応し、水深5mでも使用できる防水・防塵ケース。水中での写真・動画の切り替えなども可能。2サイズが用意される。

「P-WPSB03シリーズ」

 「P-WPSB03シリーズ」は、JIS保護等級IP45に対応し、ケースを立てかけて使えるスタンドとつり下げて使えるフック穴が付いているため入浴中で使いやすい。スタンドは縦向き/横向きに対応するた動画視聴にも便利。ピンクとホワイトの2カラーが用意される。

「P-WPSKシリーズ」

 「P-WPSKシリーズ」は、開け閉めしやすい簡単ロックタイプ。JIS保護等級はIP45相当に対応。コインやカギを一緒に収納できるポケット付き。ブラックとホワイトの2カラーが用意される。

「P-WPBSシリーズ」 

 「P-WPBSシリーズ」はスマホに加えて財布などの小物も入れられる防水・防塵バッグ。JIS保護等級IP45に対応。小物を入れるのに適したサコッシュタイプで、クリアカラーを採用しつつも見られたくない物を入れるのに便利なファスナー付き内ポケットを装備。スマホホルダーが付いており、バッグの背面はクリア素材なので通知などの確認も可能。ブラック、ピンク、ホワイトの3カラー(いずれもクリアタイプ)が用意される。

「P-WPBDシリーズ」

 「P-WPBDシリーズ」はスマホ以外の大きな荷物も入る防水・防塵バッグ。JIS保護等級IP45に対応。水の浸入を防ぐロールトップタイプの防水構造に加え、水や汚れが染み込まない丈夫なターポリン生地を採用。ロールトップのバックル部には、盗難防止用に南京錠を通すこともできるリングを装備。小物が入るファスナー付きの内ポケットのほか、バッグ内側にスマホポケットとタッチ操作ができるクリア窓を装備。容量5L(Sサイズ)と10L(Lサイズ)の2サイズが用意される。

 価格はいずれもオープンプライス。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース