このページの本文へ

ファスナーが隠れる設計に加えて防刃素材を採用

3タイプの防犯バッグ「ESCODE(エスコード)」、エレコムより

2019年02月19日 14時15分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムは2月19日、ファスナーが露出しないため背負った時にでも後ろから開けられない盗難防止設計のバッグ「ESCODE(エスコード)」3タイプを発表。2月下旬に発売する。

 いずれもフラップでファスナーを覆う形状を採用して気づかれずに開けにくい仕様となっているほか、超高密度ポリエチレンとガラス繊維を織り込んだ防刃シートを芯材に使用しているためカッターナイフなどの脅威から収納物を保護。バックパック、メッセンジャーバッグ、ショルダーポーチの3タイプが用意される。

「BM-ESBP01シリーズ」

 バックパックの「BM-ESBP01シリーズ」は13.3型ノートPCを収納できる2気室タイプで、ノートPC収納部にはクッション素材を廃止、メイン気室には小物ポケットなども用意する。およそ幅335×奥行き220×高さ450mm、重量およそ1190g。価格は2万4624円。

「BM-ESMS01シリーズ」

 メッセンジャーバッグの「BM-ESMS01シリーズ」は、11型までのタブレットを収納可能。メイン気室内にあるPC収納部にはクッション素材を用意する。サイズはおよそ幅550×奥行き160×高さ270mm、重量およそ570g。価格は1万2463円。

「BMA-ESSC01シリーズ」

 ショルダーポーチの「BMA-ESSC01シリーズ」は小物を入れるコンパクトバッグ。背面にはすぐに取り出したいものを収納できるファスナーポケットも装備。サイズはおよそ幅320×奥行き105×高さ190mm、重量およそ270g。価格は6696円。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース