このページの本文へ

Japan IT Week 2019にて動作デモ展示を実施

ハギワラソリューションズ、IoTシステムへのサーバー攻撃を防ぐ「セキュアIoTゲートウェイ」を開発

2019年04月09日 15時00分更新

文● 市川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ハギワラソリューションズは4月9日、IoTシステムへのサーバー攻撃に対する耐性を備えた「セキュアIoTゲートウェイ」を開発した。4月10日~12日に東京ビックサイトで開催される展示会「Japan IT Week 2019 IoT/M2M展【春】」組み込みシステム開発技術展の同社ブースにて動作デモ展示を実施する。

 セキュアIoTゲートウェイは、同社が開発したセキュアドライブ(暗号ドライブ)とインサイトインターナショナルが開発したセキュリティーソフトウェアを組み合わせたことで、安全にソフトウェアを動作させるプラットフォームの提供とゲートウェイを安定して動作する役割を実現。ハードウェアおよびファームウェアを最適化することで、社会インフラなどで使用されるシステム機器で要求される耐久性と、システムに必要なOSやアプリケーションソフトウェアなどを長期間保持する信頼性も備えているという。

 そのほか、改ざん検知機能やデータリカバリー機能、ネットワーク接続機器の改ざん検知機能も搭載。起動時はもちろんのこと、システムが稼働している状態でも定期的にチェックできるとのこと。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース