このページの本文へ

今買うべきコンパクトスマホ4機種レビュー 第1回

現在最強の高性能コンパクト シャープ「AQUOS R2 compact」徹底レビュー

2019年04月08日 12時00分更新

文● 島徹 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

【持ちやすさチェック】軽量スリムで文字入力もラクラク

 横幅は64mmとスリムで、片手で握って画面の端まで親指が届くほど。加えて本体も135gと軽量なので、長時間の文字入力も非常にラクだ。

 

 側面は握りやすい形状のアルミフレームで、上質さと持ちやすさを両立している。厚さ9.3mmと、スーツのポケットに入れても目立たない厚さだ。

 操作性だが、標準はAndroid 9のホームキーを上にスワイプしてタスク切り替え、もういちど上にスワイプするとドロワーが開く仕様になっている。ただし、従来のAndroidと同じ操作に戻すことも可能だ。

【性能チェック】Snapdragon 845搭載で動作は軽快

 ハイエンドCPUのSnapdragon 845と4GBメモリーを搭載。ベンチマークではSnapdragon 845搭載モデルとしては平均的なスコアを記録した。現状ではトップクラスの性能をもつCPUなので、最新の高画質3Dゲームを含め、ほとんどのアプリが快適に動作する。

 ベンチアプリ「3DMark」実行直後の発熱も計測した。本体全体に熱を拡散することで、全体的に39度前後まで上昇するが、一部が極端に熱くなることはなかった。高負荷なアプリを動かしても、持つのが苦痛になるほど熱くなることはないだろう。

スマホ用赤外線カメラ「FLIR」で撮影

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン