このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

スポーツ業界が外部人材の採用で成功するためには

2019年04月04日 06時00分更新

文● 末岡洋子 編集● ガチ鈴木/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スポーツ業界が外部人材を求める動きがある――日本フェンシング協会(FJE)、日本サッカー協会(JFA)などが外部人材を募集したことが記憶に新しいが、この流れは定着するのか? スポーツ側、応募する外部人材側がそれぞれ注意すべき点は何か? 日本スポーツアナリスト協会(JSAA)が2019年1月に都内で開催した「スポーツアナリティクスジャパン2019」では、外部人材活用をテーマとしたセッションが開かれた。

 セッションに参加したのは、ビジネススクールのスポーツヒューマンキャピタル(SHC)で業務執行理事を務める中村聡氏、ビズリーチで地域活性推進事業部 チーフ・プロデューサー社長室特命プロデューサーを務める加瀬澤良年氏。モデレーターはスポーツ庁 参事官付 参事官補佐の忰田康征氏が務めた。

ビジネススクールのスポーツヒューマンキャピタル(SHC)の中村聡氏(左)とビズリーチの加瀬澤良年氏(右)

前へ 1 2 3 次へ

「スポーツビジネス」の詳細情報はこちら
  • Sports Marketing

    スポーツを活用するマーケティング戦略を追う

  • Sports Technology

    スポーツの世界を変えるテクノロジーたち

ピックアップ