このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

82歳、川淵三郎氏が熱く語る「日本のスポーツ界は、宝の山」

2019年03月25日 06時00分更新

文● 上野直彦 編集● ガチ鈴木/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2019年1月に開催した、日本アナリスト協会が主催するイベントである「スポーツアナリティクスジャパン2019(SAJ)」も今年で第5回を迎える。

 基調講演を務めたのは日本トップリーグ連携機構の川淵三郎会長(82)、タイトルは『夢があるから強くなる』。JリーグやBリーグの創設に力を注ぎ、80歳を過ぎても堂々と未来への夢を語る姿は、日本のスポーツ界にとって唯一無二の存在だろう。

 講演の冒頭で高野連に対して若干怒りをにじませながら語ったことが会場を大いに沸かしクローズアップされ、話題にはなった。しかし、ここ最近、事あるごとに口にする“日本のスポーツ界は宝の山”の内容へ移ると、多くの観客は川淵氏の言葉に釘付とされることになる。

 川淵氏の真意は何なのか。どのようなビジョンを描いているのか。どんな行動を起こそうとしているのか。80歳を過ぎて衰えぬ日本スポーツ界への改革の熱情と、2021年以降への取組みは興味が尽きないものだ。そんな基調講演の川渕氏の言葉をお届けしたい。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

「スポーツビジネス」の詳細情報はこちら
  • Sports Marketing

    スポーツを活用するマーケティング戦略を追う

  • Sports Technology

    スポーツの世界を変えるテクノロジーたち

ピックアップ