このページの本文へ

日本市場でも200%を超える急成長を実現

いまだハンドメイドなソフトウェア開発を自動化するOutSystems

2019年03月08日 16時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2019年3月8日、ローコード開発プラットフォームを提供するOutSystemsジャパンは、国内初となる事業説明会を行なった。カスタムアプリケーションのコードを自動生成するOutSystemsの概要や日本でのビジネス展開についてOutSystemsジャパン社長のアーノルド・コンセンコ氏などが説明した。

OutSystemsジャパン 代表取締役社長 北東アジア統括責任者 アーノルド・コンセンコ氏

開発から運用まで全ライフサイクルをカバーする

 OutSystemsは2001年にポルトガルのリスボンで設立されたソフトウェアベンダー。カスタムアプリケーションをビジュアル環境で開発できる「OutSystems」を提供しており、約1200万ものアプリケーションがOutSystem上で開発されているという。

ビジュアル開発が可能なOutSystems

 「ローコード開発プラットフォーム」を謳うOutSystemsは、ソフトウェアの開発から運用まで全ライフサイクルをカバーする。テンプレートによるUI/UXデザイン、事前ビルドされたアーキテクチャなどを用いて設計を進めることが可能。アクセス管理やユーザープロファイル、ログ、Webサービス統合、Excelへの出力などの機能はあらかじめコンポーネント化されており、システムを構成するプレゼンテーション、ビジネスロジック、プロセス、データなどの階層も一元管理できる。

 システムはクラウド、オンプレミスいずれでもホストでき、テストや修正、コード変更、ステージングや依存性の分析、バージョン管理などGUIから一元的に行なえるため、開発の生産性はおおむね2~4倍向上できるという。

ソフトウェアの開発から運用まで全ライフサイクルをカバー

 昨年リリースされた最新版のOutSystems 11では、マイクロサービス開発、アプリケーションの依存関係の管理、コンテナ対応、セキュリティのインテグレーションなどに対応。ベストプラクティスから作られた100以上のテンプレートも用意され、UI/UXを重視した画面モックアップからの開発も可能になったという。その他、デプロイの高速化、UIの改善を図り、既存のアプリケーションを分析することで、次の操作を予測する自動サジェストもプレビュー搭載。生産性の向上に寄与する機能強化が図られているという。

日本での200%を超える急成長の背景

 OutSystemsが生まれた背景は、納期・予算通りに進まないソフトウェア開発の課題がある。従来型のハンドコーディングはコストが高く、時間がかかり、変更が難しいといった課題があり、エンジニアのスキルにも依存してしまう。OutSystemsジャパン 代表取締役社長のアーノルド・コンセンコ氏は、「IT業界はもっともマニュアルな業界。ソフトウェア開発はハンドメイドだ」と指摘し、開発現場でも自動化が重要になるとアピールした。実際、98%の顧客はOutSystemsで生成されたコードに触れることはないという。

ソフトウェアはハンドメイド

 現在、OutSystemsは全世界では61ヶ国に展開しており、年間経常収支も66%増と高い成長を実現。日本法人は2年前に設立されており、すでに100社以上の顧客を獲得している。前年比で277%という非常に高い成長を遂げている。

 日本で高い成長率を実現する理由として、コンセンコ氏は「レガシーアプリケーションが多く、メンテナンスコストが高い」「開発者の人数が不足し、コストも高い」「デジタルトランスフォーメーションのために迅速な開発が必要になっている」「パッケージソフトからカスタム開発への回帰」という4つを挙げた。採用される業種も製造業から、自動車、IT、通信、流通、交通、金融、化学などに拡がっているという。日本語サイトも正式に開設し、パートナーとともにユーザーをサポートする体制を拡充していくという。

カテゴリートップへ

ピックアップ