このページの本文へ

インテルXeonやNVIDIA Quadroを搭載しつつもリーズナブルな価格設定

研究開発やデザイン・グラフィック向けに手頃なワークステーション「THIRDWAVE Pro WORKSTATION X2610」

2019年03月04日 13時50分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「THIRDWAVE Pro WORKSTATION X2610」

 サードウェーブは3月4日、高性能かつ拡張性に優れたタワー型ワークステーション「THIRDWAVE Pro WORKSTATION X2610」を発表。3月中旬に受注開始する。

  教育・研究・開発や、デザイン、グラフィックス、CADなどの分野での利用を念頭にしたモデルで、従来機「DP EXPERT WS-1」の後継にあたる。CPUはインテルXeon W-2123、チップセットにはインテルC422を搭載。GPUはNVIDIA Quadro P620を標準搭載し、メモリーは最大1024GBまで拡張可能など、幅広いパーツの幅広い選択や構成が可能。

 標準構成では、NVIDIA Quadro P620×1、16GBメモリー、1TB HDD(RAID構成可能)、DVDスーパーマルチドライブなどを装備し、価格は30万9852円。サポートは3年間のオンサイト保証サービスが標準付与され、オプションで4年間もしくは5年間に変更可能。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ