このページの本文へ

第一弾として3シリーズのデスクトップPCの受注開始

サードウェーブ、新たに法人向けブランド「THIRDWAVE Pro」スタート

2019年03月01日 17時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブは3月1日、法人向け製品の新ブランド「THIRDWAVE Pro」を発表した。ブランド製品第一弾としてデスクトップPC「S(スリム)」「M(ミニタワー)」「T(タワー)」の3シリーズを受注開始。

 同社ではこれまでコンシューマ向けゲーミングPC「GALLERIA」で高性能なGPUやCPUを省電力かつ安定動作する製品を提供しており、そのノウハウを活かしてビジネスユースの使用でも安心・安定・快適性を両立した製品展開を行なうという。

 デスクトップPCはスリムPC/ミニタワーPC/タワーPCの3タイプのフォームファクターと、CPUやGPUを組み合わせたラインアップ構成で展開。CPUごとに使用想定業務を明示して購入時の選択や検討を容易にするとしている。

 製品価格の目安は、Sシリーズの場合インテルCore i5-8400、4GBメモリー、240GB SSDなどの装備で7万5384円から。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ