このページの本文へ

アップアップガールズ(アスキー)第23回

2019年のアプガ(仮)の活動を語る

全曲LIVE後のアプガ(仮)、アプガファミリーと目指すモノ

2019年02月15日 17時00分更新

文● アスキー編集部、写真●高橋智

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスリート系アイドルグループ「アップアップガールズ(仮)」を筆頭に、群雄割拠のアイドル界を抗うように活動しているアップアップガールズ。新メンバーオーディション開催中の「アップアップガールズ(2)」や2018年12月に初の単独LIVEを成功させた「アップアップガールズ(プロレス)」などオールアップアップガールズの破天荒な活動を応援する連載企画「アップアップガールズ(アスキー)。

 2018年の年末に持ち曲を全曲披露する「全曲LIVE」を無事成功させたアップアップガールズ(仮)から、その歌声でファンを魅了するアプガ(仮)の歌姫・関根梓と、2016年からセンターを務め今やグループの顔となった最年少・新井愛瞳の2人が全曲LIVEとその後、また今後のアプガ(仮)の活動と目標を語ってくれた。

――全曲LIVEの感想と、終えたことで思うことを教えてください。

関根梓
 正直、80曲のうち40曲くらいでスタミナが切れてしまうのではないか、と思っていたのですが、新曲も含めた81曲を全て披露し終えたときに「まだイケる」と思えたんです。それはおそらくステージへの想いが強かったことと、ステージに集中できたことで、その日の全てを楽しめたことが大きかったのではないかと思います。普段のLIVEは多くても1公演あたり20曲前後なので、81曲を完走してまだできると思った今は、これからの単独LIVEももっと良いモノにできるのではないかと自信を持つことができました。

関根梓

新井愛瞳
 私も正直不安の方が大きかったですが、本番が近づいていくほどに「やってみたらなんとかなるでしょ!」という気持ちになれて、1部が始まったときには楽しさの方が勝っていました。構成上、アプガ(仮)の歴史を感じることができるセットリストだったので、その時(リリース時)のことも思い出しながらアプガファミリー(アプガファンの総称)と楽しむことができました。でも、やっぱりアプガ(仮)は破天荒なことをやっているなとも改めて感じました(笑)

 でもこういった色々なチャレンジをしてアイドル活動を続けていくことは、道半ばで解散していくことになった仲間たち(他のアイドルグループ)の魂も背負っている実感もあって、私たちができることを精一杯頑張っていきたいと思いました。「がんばる」ってたった4文字の言葉ですけど、そういったこともあって重い言葉だと思っています。

新井愛瞳

――当日は「仲間たち」も含めて沢山の方が来ていましたね。

新井愛瞳
 はい、元チャオベッラチンクエッティの後藤夕貴や、お仕事でいつもお世話になっている方、メンバーの友人も来てくれていました。でもその中でも見られていて緊張したのは後輩のアップアップガールズ(2)のメンバーです。しかもあの子たちすごく目立つ席にいて(笑)

関根梓
 そう、2階席の最前列で観ていて、ステージの私たちからも良く見えまして(笑)。だから下手なステージはできないぞと思って引き締まりました。

新井愛瞳
 あとアプガファミリーの皆さんも、卒業したメンバーとともに一線から退いたような懐かしい方々も沢山来てくださって。こういった大きなチャレンジだと来てくださるんだなと思うと嬉しくて。アプガファミリー、アイドル仲間、関係者の皆さん、スタッフさんと色々な方が集まってくださって、全体の同窓会みたいな日になったなと思います。

――全曲LIVEが成功して、今後のアプガ(仮)のLIVEはどうなりますか?

新井愛瞳
 実は、2月10日の単独LIVEのセットリストをいただいたときに「短い!」と思ってしまったんです(笑)これまでやってきた曲数と変わらないのに、そう思ってしまうのは全曲LIVEの影響かもしれないですね。

関根梓
 でも、私たちは一つ一つのステージを全力でパフォーマンスすることを心がけています。全曲LIVEでは「81曲を完走する」というゴールに向けて全力でしたが、それが20曲でも5曲でもそこに全力投球しますので、皆さんもついてきて欲しいと思います。

――全曲LIVEでは世界記録に挑戦することが発表されました。

関根梓
 全曲LIVEで発表させていただいた通り、世界記録に挑戦することになりました。アプガ(仮)らしく、種目は体力系で「反復横跳び」です。アプガ(仮)はこれまでの日本一の高さを誇る富士山頂でのLIVEなども成功させてきましたので、この挑戦も必ず成し遂げてやろうと思っています。さらに今回はアプガファミリーとともに挑む企画です。ファンとメンバーの団結力はアイドル界でも屈指だと自負しているので、頑張りたいと思います。

新井愛瞳
 このことを初めて聞いたときはワクワクと不安と両方を感じました。でもアプガ(仮)は壁が高ければ高いほど燃えるグループですし、アプガファミリーも含めて負けず嫌いの集まりです。だから、アプガファミリーと一緒に挑戦できる今回の企画はとても嬉しいですし、当然成功が第一の目標ですが、楽しくできればと思っています。

――それも含めて、アプガ(仮)の活動は幅広くなってきていますね。

新井愛瞳
 私は映画などに出演させていただく機会を多くいただいていますし、関根や佐保明梨はソロLIVEに挑戦したり、古川も舞台に出たり、森はトレーニング動画を上げたりとそれぞれが特性を活かして個人で活動することも増えてきました。でもやっぱりアプガ(仮)が中心にあってこそなので、個人で活動したことをグループに持ち寄って、お互いが刺激しあってパワーアップするような形にできたらもっとグループとしての活動も大きくなっていくんじゃないかなと思います。

関根梓
 7人から5人になって、それまで7人で築き上げてきたものがあるので、5人で新たに地盤を固めていくのは、時間がかかると思っていました。でも、「この5人でアプガ(仮)なんだ」って私たちも周囲にいる皆さんも認識するのにそれほど時間はかからなかったように思います。7人時代も個人のお仕事はさせていただいていましたが、5人になってからより多くなってきている実感があります。新井が言うようにそれぞれが得たものを持ち寄ることで、5人としてのアプガ(仮)が固まったのかなと思います。

5人になったアプガ(仮)を語る関根

――2月19日に発売される新曲について聞かせてください。

新井愛瞳
 「アゲノミクス!!」は全曲LIVEでサプライズ初披露させていただいた曲ですが、アプガ(仮)らしい元気なお祭りソングです。落ち込んだときに聴いていただければ元気が出るし、もっと盛り上がりたいときに聴けばさらにテンションが上がる、そんな曲です。あと実はこの曲はLIVEでアプガファミリーと一緒にやりたいことがあるんです。サビで古川小夏と森咲樹と新井が「ないっ!」ってジャンプするところがあるんですけど、そこを皆さんと一緒にやりたいです!実は今は1人しかやってくれてないので、皆さんと一緒できるとすごく嬉しいです(笑)

関根梓
 「キミロス」は今のアプガ(仮)が出せる等身大の女性らしさを表現した曲です。ダンスのシンクロ率を極限まで高めるというチャレンジをしていますし、それでいてじっくり聴いて欲しいという難しい曲なので、これまでの歌とダンスの経験が全て詰め込まれていると言ってもいいかもしれません。でもその完成度を高めていけば、これまで以上に皆さんを曲の世界に連れ込める自信がありますので、息を飲むように集中して観てもらいたい曲です。

新井愛瞳
 「阿破乱舞」の表記は漢字ですが、「あっぱーらんぶ」と読みますので、これまでアプガ(仮)が歌ってきた「アッパー」シリーズに続く曲です。この曲は和テイストを基調にしていて、太鼓や笛の音が入っているので、毎年出演させていただいている「YOSAKOI」にすごく合う曲だなと思っています。サビを中心にすごくキャッチ―な曲調なので、LIVEで盛り上がる曲になると思います。

★「キミロスMV」が2月13日に公開!

――最後に今年のアップアップガールズ(アスキー)でチャレンジしてみたいことを聞かせてください。

関根梓
 私は個人として2018年は沢山出演させていただいたのですが、今年はほかのメンバーや後輩たちと何かに挑戦してみたいです。特に、アップアップガールズ(プロレス)のメンバーとは一緒に何かする機会が少ないので、是非アスキーでお願いします!(笑)

新井愛瞳
 私、家電量販店に入り浸るのが大好きで、ゲームを購入した後にゲーミングPCのコーナーに行ったり、色々な電気製品を見たりするのが趣味なんです(笑)。秋葉原でお仕事することも多くて、その度に専門店に行こうとは思うものの中に入る勇気が無くて……。なので、アスキーのお力を借りてディープな専門店に行ってみたいです!

秋葉原の専門店に行ってみたいと嬉しそうに話す新井

 全曲LIVEという大きな目標を成功させたアプガ(仮)。81曲パフォーマンスした後に発表した世界記録達成を目指すという大きな目標を持ちながらも、「5曲でも全力投球する」と語る2人に長く一線を走り続けることができる要因を見た気がした。また、インタビュー中に何度も出てきた後輩たちへの想いに、グループを引っ張る自覚も出てきていた。

 アイドルとファンの間が何かと騒がしい昨今ではあるが、アプガ(仮)が深い信頼を置くアプガファミリーとともに、2019年も全力疾走するその姿を伝えていきたい。

★アップアップガールズ(仮) infomation

「アゲノミクス!!/キミロス/阿破乱舞」が2月19日(火)に発売決定!

購入はコチラ!⇒https://tower.jp/item/4849886

★リリースイベント情報
・2019年2月16日(土)@渋谷マルイ8Fイベントスペース
 1部12:00~/2部15:00~/3部18:00~
・2019年2月17日(日)@タワーレコード新宿店7F 15:00~
・2019年2月18日(月)@タワーレコード横浜ビブレ店 20:00~
・2019年2月19日(火)@ヴィレッジヴァンガード渋谷本店B2F 20:00~
・2019年2月20日(水)@HMV&BOOKS SHIBUYA 7F 19:30~
・2019年2月21日(木)@タワーレコード新宿店7F 20:00~
・2019年2月22日(金)@HMVエソラ池袋店内 19:00~
・2019年2月23日(土)@新宿マルイメン屋上特設
 1部12:00~/2部14:30~/3部17:00~
・2019年2月24日(日)@池袋マルイイベントスペース
 1部12:00~/2部15:00~/3部18:00~

★世界記録挑戦を「Makuake」で支援募集中!
<チャレンジ概要>
種目:100人のチームで行った反復横跳びリレーの最速タイム
実施日:2019年5月1日(水・祝)
場所:アーツ千代田3331(https://www.3331.jp/
参加条件:
・メンバーと世界記録を達成したい!という熱い気持ちをお持ちの方!
・反復横跳びに自信のある方!
<クラウドファンディング内容>
クラウドファンディングサイト「Makuake」
アップアップガールズ(仮)のテッペンいただきます!プロジェクト
https://www.makuake.com/project/uugirls-teppen/
※対象コースに支援することでチャレンジイベントに参加することができます。

★LIVE情報
アップアップガールズ(仮)定期公演128回
2019年3月3日(日) @AKIBAカルチャーズ劇場
佐保明梨ソロライブ
2019年4月6日(土) @初台THE DOORS
関根梓ソロライブ
2019年4月7日(日) @初台THE DOORS

★ライブツアー2019 「5 to the 5th Power」開催決定!
2019年5月3日(金・祝) @新宿BLAZE
2019年5月5日(日) @福岡DRUM LOGOS
2019年5月11日(土) @仙台MA.CA.NA
2019年6月8日(土) @札幌KRAPS HALL
2019年6月15日(土) @大阪MUSE
2019年6月16日(日) @名古屋ell.FITS all

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ