このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第165回

USB-C搭載は不明:

アップル新型iPhone XIの自撮りカメラは10メガピクセルか

2019年01月18日 09時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
photo:@OnLeaks × @CompareRaja

 アップルが今年発売するとうわさのiPhone XI(iPhone 11)は、リアカメラ・インカメラともに画素数がアップする。印メディアCompareRajaが1月17日に報じた。

 CompareRajaによると、iPhone XIに搭載されるトリプルレンズカメラのうち、ひとつは10メガピクセル、もうひとつは14メガピクセルになるという。また、自撮り用に使われるインカメラも10メガピクセルに画素数がアップするとしている。

 なお、現行モデルのiPhone XSのカメラ性能はリアカメラが12メガピクセルの望遠レンズと広角レンズ、インカメラが7メガピクセルだ。

USB-C搭載は不明

 また、昨年よりうわさのあったiPhoneへのUSB-C搭載について、CompareRajaは「今のところ分かっていない」としている。

 CompareRajaが先日公開したプロトタイプのレンダリング画像では、LightningポートなのかUSB-Cポートなのかは明らかになっていないそうだ。

 新型iPad ProにUSB-Cが搭載されたことを考えると、そろそろiPhoneにきてもいいと思うのだが……。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中