このページの本文へ

上海問屋「GreenLEDゲーミングメカニカルキーボード」

どこかで見たような……グリーンLED採用キーボードが上海問屋から

2019年01月09日 23時09分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 どこかで見たようなグリーンLED採用メカニカルキーボード「GreenLEDゲーミングメカニカルキーボード」(型番:DN-915662)が上海問屋から発売された。

グリーンLED採用メカニカルキーボード「GreenLEDゲーミングメカニカルキーボード」

 ハッキリ言ってRazer製キーボードのようなグリーンLED内蔵のメカニカルキーボードの新製品。青軸仕様のキースイッチにはグリーンLEDを内蔵し、「Fn」キーと組み合わせることで発光パターンや輝度調整ができる。

「どこかで見たような」グリーンLED内蔵キーボード。発光パターンや輝度調整ができる

 レイアウトは104キー英語配列でキーレスポンスは7ms、スイッチ耐久性は6000万回入力。全キー/6キーの切り替えが可能なNキーロールオーバーによる同時押し機能をサポートしている。インターフェースはUSBで、ケーブル長は約2m。サイズは445(W)×183(D)×33(H)mmで、重量は1336g。製品保証は2週間。

ブランドは不明ながら青軸採用で価格が安い

 価格は4500円(税抜)。ドスパラ秋葉原別館で販売中だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ