このページの本文へ

FILCO「Majestouch Stingray」

CHERRY製ロープロスイッチ採用のキーボード全10製品がデビュー

2019年01月24日 23時34分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CHERRY製のロープロファイルスイッチを採用するFILCOブランドの新型キーボード「Majestouch Stingray」シリーズが発売された。ラインナップは全10モデル。

ロープロファイルスイッチを採用するFILCOブランドの新型キーボード「Majestouch Stingray」シリーズ

 HERRY社が新規開発した低背タイプメカニカルスイッチ「CHERRY MX Low Profile Red Switch」を採用するFILCOブランドのキーボード。スイッチの基本スペックは、キーストローク3.2mm、アクチュエーションポイントが1.2mm、押下げ特性45gのリニアタイプとなっている。

フルサイズモデル。R-4(ガラスエポキシ基板)の2層基板を採用し、全スイッチ端子のスルーホールをハンダでしっかりと固定している

 デザインは「Majestouch 2」シリーズをベースとしながらも接地面からの高さが約21mmから約16mmに、最前列のキーキャップは約29mmから約22mmへと低くなっているのが特徴。メカニカルキーボードのタッチは好きだが、厚みが苦手だという人におすすめとしている。

テンキーレスモデル

 そのほか、全キー同時押しに対応する「Nキーロールオーバー」に対応するほか、Fnキーとの組み合わせでWIN Key Lock機能や、マルチメディア機能を利用できる。ラインナップは、フルサイズとテンキーレスの2シリーズで、価格は前者が1万4800円(税抜)、後者が1万6480円(税抜)。パソコンショップアーク、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

通常のキーキャップと高さを比較したところ。「CHERRY MX Low Profile Red Switch」が低いのがよくわかる

 型番は、フルサイズが
108キー/日本語かななし/上面印字「FKBS108XMRL/NB」、
108キー/日本語かなあり/上面印字「FKBS108XMRL/JB」、
108キー/日本語かななし/前面印字「FKBS108XMRL/NFB」、
104キー/英語US ASCII配列/上面印字「FKBS104XMRL/EB」、
104キー/英語US ASCII配列/前面印字「FKBS104XMRL/EFB」。
 テンキーレスが
91キー/日本語かななし/上面印字「FKBS91XMRL/NB」、
91キー/日本語かなあり/上面印字「FKBS91XMRL/JB」、
91キー/日本語かななし/前面印字「FKBS91XMRL/NFB」、
87キー/英語US ASCII配列/上面印字「FKBS87XMRL/EB」、
87キー/英語US ASCII配列/前面印字「FKBS87XMRL/EFB」。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中